奇想天外なSFアニメーション『ペンギン・ハイウェイ』に西島秀俊、竹中直人らが参戦!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2018/6/27 6:00

奇想天外なSFアニメーション『ペンギン・ハイウェイ』に西島秀俊、竹中直人らが参戦!

「夜は短し歩けよ乙女」「有頂天家族」など、数々のベストセラー作品で知られる森見登美彦の同名小説をアニメーション映画化した『ペンギン・ハイウェイ』が8月17日(金)より公開される。このたび、本作の最新予告映像と新キービジュアルが解禁となり、新たに西島秀俊、竹中直人ら追加声優キャストも発表された。

本作の主人公は小学4年生のアオヤマ君。勉強家の彼は日々“世界”について学んだことをノートに記録しており、「将来は偉い人間になるだろう」と公言するなど、少々自意識過剰ぎみ。そんなアオヤマ君にとって、実は最も興味深いのが歯科医院のお姉さんだ。気さくで胸が大きくて、自由奔放でミステリアスなお姉さんをめぐる研究も、彼にとって重要事項。そんなある日、アオヤマ君の住む郊外の街に突如ペンギンが現れ、さらにアオヤマ君はお姉さんがふいに投げたコーラの缶がペンギンに変身するのを目撃する。

一方、彼はクラスメイトのハマモトさんから森の奥にある草原に浮かんだ透明の大きな球体の存在を教えられる。やがてアオヤマ君は、その謎の球体“海”とペンギン、お姉さんには何かつながりがあるのではないかと考えはじめる。そんな折、お姉さんの体調に異変が起こり、同時に街は異常現象に見舞われる。果たして、お姉さんとペンギン、“海”の謎は解けるのか…。

西島が声を担当するのは、アオヤマ君にノートを与え、学び方を指南したお父さん。息子の研究を程よい距離感で見守り、いつも的確なアドバイスを与える存在だ。西島にとって今回の声優挑戦は『風立ちぬ』(13)以来5年ぶりとなった。

一方、これまでにも多くのキャラクターの声を演じているベテランの竹中は、アオヤマ君の同級生・ハマモトさんのお父さん役を担当する。大学の研究所で働いており、街で起きた奇妙な現象について、調査隊を率いて詳しく調べていくという、物語のキーパーソンといえるキャラクターだ。

そのほかにも、クラスメイトのウチダ君役に釘宮理恵、ハマモトさん役に潘めぐみら実力派声優も参戦が決定。すでに発表済の北香那、蒼井優らとともに、少年のひと夏の成長物語を熱演する。新たな映像解禁とともに、ミステリアスな本作にますます期待が高まった!

文/編集部


関連作品

関連記事