第7回ラテンビート映画祭2010に話題作続々登場!来日ゲスト第1弾も発表|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
第7回ラテンビート映画祭2010に話題作続々登場!来日ゲスト第1弾も発表

映画ニュース 2010/8/2 12:30

第7回ラテンビート映画祭2010に話題作続々登場!来日ゲスト第1弾も発表

「第7回ラテンビート映画祭 LATIN BEAT FILM FESTIVAL 2010」が、新宿、京都、横浜で開催されることが決定。東京・新宿バルト9では9月16日(木)〜23日(祝)、京都・駅ビルシネマでは9月20日(祝)〜10月3日(日)、神奈川・横浜ブルク13では10月8日(金)〜11日(祝)となっている。新宿と横浜では、ラテン映画の新作ばかりを

約15作、京都では、新作に加えて過去のラテンビートで上映された作品や日本公開されたラテン映画の名作11本(予定)をラインナップ。

その中でも一番の注目は、メキシコ革命100周年記念作品『レボリューション』だ。人気俳優でもあるガエル・ガルシア・ベルナル、ディエゴ・ルナら10人の監督が独自の視点で“革命”を描いたオムニバス映画となっていて、ロドリゴ・ガルシア、ディエゴ・ルナの両監督の来日も予定している。

また、フランシス・フォード・コッポラ監督の新作『テトロ』も上映。ブエノスアイレスで暮らす兄を訪ねたアメリカ育ちの青年が、名前を変え、過去の自分を隠そうとする兄に疑念を抱くストーリーとなっている。ほか、現ブラジル大統領ルラの激動の半生を描いた『ルラ、ブラジルの息子』、ベルリン国際映画祭で新人賞などトリプル受賞した話題のウルグアイ映画『大男の秘め事』など、なかなか観る機会のない、映画祭ならではの選りすぐりラテン映画最新作を来日ゲスト、イベントと共に堪能したい。【MovieWalker】