ムロツヨシも参戦!異色ミュージカル映画『ダンスウィズミー』がクランクアップ |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2018/10/17 8:00

ムロツヨシも参戦!異色ミュージカル映画『ダンスウィズミー』がクランクアップ

『ウォーターボーイズ』(01)や『スウィングガールズ』(04)などで知られるコメディ映画界の旗手・矢口史靖監督の、単独長編監督作品として記念すべき10作品目となるミュージカル『ダンスウィズミー』が先ごろ無事にクランクアップ。それにあわせて、新たに追加キャスト情報が解禁された。

矢口監督にとって初めてのミュージカル作品となる本作は、一流企業で働くOL・鈴木静香が催眠術をかけられてしまい、音楽を聴くといつでもどこでも歌って踊らずにはいられなくなってしまうという奇想天外なストーリー。17年まで「Seventeen」のトップモデルとして活躍し、いまなお女子中高生から絶大な人気を誇る三吉彩花が主人公・静香を吹替えなしで演じる。

7月24日にクランクインし、東京・千葉・埼玉・新潟、そして函館などでオールロケが行われた本作は10月4日にクランクアップ。矢口監督からお祝いの花束を受け取った三吉は「歌とダンスとお芝居の3つをこなすことが大変でしたけど、すごく充実した時間を過ごし、成長させてもらいました」と万感の想いを語った。

そして、このたび発表された追加キャストは5名。催眠術師のサクラとして舞台上で催眠術にかかったフリをする斎藤千絵役に、お笑い芸人として活躍するやしろ優。ストリートミュージシャンの山本洋子役を本作で女優デビューを飾るシンガーソングライターでモデルのchay。

ほかに若手実力派俳優として出演作が相次ぐ三浦貴大に、超個性派俳優として大活躍中のムロツヨシ、そして日本を代表するミュージカル俳優の一人として知られる宝田明ら、若手からベテランまでバラエティに富んだ豪華で個性豊かな顔ぶれが集結。しかも宝田がスクリーンで歌い踊るのは実に54年ぶりとなる。

これまで“大金を手にしたカップル”や“シンクロをすることになった男子高校生”など、様々な突飛なシチュエーションの登場人物を活き活きと描きだしてきた矢口監督が新たに挑戦する“ミュージカルなんか全然したくないのにすることになってしまった女の子の話”。どんな作品になっているのか、いまから目が離せない!『ダンスウィズミー』は2019年夏に全国公開される。

関連作品

  • ダンスウィズミー

    3.9
    241
    矢口史靖監督が三吉彩花を主演に自ら脚本も手掛けて挑む初のミュージカルコメディ