見つめ合う倉科カナ&市原隼人に、立川談春が「おいおい」とツッコミ|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2018/10/26 21:09

見つめ合う倉科カナ&市原隼人に、立川談春が「おいおい」とツッコミ

映画『あいあい傘』の初日舞台挨拶が10月26日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、倉科カナ、市原隼人、立川談春、原田知世、宅間孝行監督が登壇。倉科と市原がお互いへの信頼感を述べるなか、談春が「おいおい、見つめ合っちゃってるよ」と嫉妬まじりにコメントし、会場の笑いを誘った。

本作は、俳優で演出家の宅間孝行がかつて主宰していた劇団「東京セレソンデラックス」の人気演目を、自ら監督を務めて映画化した人間ドラマ。幼いころに姿を消した父親を探す女性・さつき(倉科)と、新たな家族と暮らす父親・六郎(談春)との再会を描く。

「境遇が一緒」と演じたさつき役に心を寄せた倉科は「我が子を託すような想い。うれしいんですが、少しさみしくもある」と映画の公開に感激しきり。「負の要素でもあった過去を、糧としていい思い出に変えられた。悪いものが善に変わったようで、私自身すごく救われた」と特別な作品となったという。

さつきに一目惚れする清太郎役を演じた市原は「ほぼワンシーン、ワンカットのシーンがある」と倉科とのシーンを振り返り、「これだけ距離が近づくことができなければ、成し得なかったシーン。倉科カナという女優の作品に対する向かい方をずっと見てきた」とその女優魂を絶賛。

倉科は「市原くんのことは10代のころから知っている。俳優としての先輩でもあり、お兄ちゃんでもある」と親しみと共に語り、「(市原は)お芝居もしっかりされていて、人柄も温かい。今回はアドリブも多かったので、それはこの関係性でなければ、成し得なかったのかな」と信頼感もたっぷり。息ぴったりにトークする2人に、談春が「おいおい、見つめ合っちゃってるよ」と嫉妬まじりに茶々を入れ、会場を笑わせた。

最後には、倉科が「絶対に観る価値のある作品だと思います。たくさんの人の心に、なんでもいいから、温かいものを灯せられたら」と瞳を潤ませるひと幕も。「大切な人をもう一度見つめ直すきっかけになればいいなと思います」と心を込め、会場から大きな拍手を浴びていた。

取材・文/成田 おり枝

関連作品

  • あいあい傘

    4.3
    11
    25年前に失踪した父とその娘の再会に秘められたドラマを描く倉科カナ主演の感動作
    Amazon Prime Video