『名前のない女たち』初日舞台挨拶で、鳥肌実「交際に発展しなくて残念」と思わず本音を漏らす|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2010/9/6 16:37

『名前のない女たち』初日舞台挨拶で、鳥肌実「交際に発展しなくて残念」と思わず本音を漏らす

『名前のない女たち』(公開中)の初日舞台挨拶が9月4日、都内で行われ、安井紀絵、佐久間麻由、木口亜矢、鳥肌実、佐藤寿保監督が登壇した。

AVの世界ではその大半が、タレントと同様にマスコミに取り上げられ華やかなスポットを浴びる単体女優ではなく、名前も顔も知られず、あくまでも性の対象として過激な仕事までもこなす企画女優。そんな彼女たちの現実を、ピンク四天王の鬼才・佐藤寿保監督がメガホンを取り、最もリアルに現実を描き出した本作。

主演のひとり、安井紀絵は今回が人生初の舞台挨拶となり、緊張を隠せない様子。「オーディションで受かった時は実感がわきませんでしたが、台本をいただいたり、衣装合わせをしていくうちに、本当に私が主演なんだとプレッシャーで押しつぶされそうになりました」と振り返り、“本当の自分を見つけるために企画AV女優になる”役どころについては、「最初はAV女優を演じることに抵抗があったのですが、やっていくうちに役に入り込んで抵抗はなくなりました。今までの自分をすべて脱ぎ捨てて、新しい自分に生まれ変わってほしいというメッセージを込めて、無我夢中で挑みました!」と自信を持ってアピール。もうひとりの主演を務めた佐久間麻由は、「私は友達にAVマニアの方がいて(笑)、話を聞いていたので、オーディションの時からすごく興味があり、演じることには抵抗はありませんでした。逆にどれぐらい挑めるかが不安でした」と本音を漏らした。単体女優として人気があったが、次第に企画女優に転落する青木リエ役の木口亜矢は「すごく意地悪な役だったので、自分にはないことを楽しんでやらせていただきました。悲しい結末を迎える役は初めてでしたが、撮影は役と違い、とても楽しかったです」と、現場の雰囲気の良さを感じさせた。AV事務所社長を演じた鳥肌実は、「普段どおり、ほとんど素に近い演技でうさんくさく演じさせていただきました(笑)。きれいな女優さんと共演できて、何とかプライベートで仲良くなれればと思っていました。安井さんと、この共演をきっかけに交際に発展とはならなかったのが残念です(笑)」と本音とも思える冗談で、会場の笑いを誘った。佐藤監督は「題材はAV女優ということですが、地味な女の子がその世界に入ることによって、苦難を乗り越え、最後は力強く走り続けてもらいたい、生き続けてもらいたいという願望を込めて作りました」と映画をアピールした。【MovieWalker】