ナタリー・ポートマン「リュック・ベッソン監督なら『レオン』の続編に出演したい」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
ナタリー・ポートマン「リュック・ベッソン監督なら『レオン』の続編に出演したい」

映画ニュース

ナタリー・ポートマン「リュック・ベッソン監督なら『レオン』の続編に出演したい」

ナタリー・ポートマンは、天才子役としての存在を知らしめた『レオン』(94)の続編について、リュック・ベッソンが再びメガホンを取るのであれば、続投したいらしい。

同作の続編は既に脚本ができあがっているにもかかわらず、ベッソン監督が続投を拒んでいると噂されているが、「私は脚本を読んだことがないわ。リュックが監督してくれるとは思えないから。彼が監督しなければ興味はないの。私からも彼に、『続編も監督して欲しいわ。そうしたらすぐに出演を決めるから』って言ったのよ。でも彼はやるつもりがないみたい」と、ポートマンが残念そうにMTVテレビのインタビューで語っている。

同作はベッソン監督のハリウッドデビュー作で、日本公開時のコピーは“凶暴な純愛”。殺し屋を演じるジャン・レノと少女マチルダを演じたナタリーの演技が光り、監督と共にハリウッドでその名を知らしめるようになった。既に16年の月日が経っているため、続編の想像がつかないが、ナタリーが新たにメディアを通じてラブコールを送ったことで、ベッソン監督の気持ちが変わることに期待したい。【NY在住/JUNKO】

関連記事