第32回東京国際映画祭の開催日が決定、今年は10月28日より9日間!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
第32回東京国際映画祭の開催日が決定、今年は10月28日より9日間!

映画ニュース 2019/1/20 14:00

第32回東京国際映画祭の開催日が決定、今年は10月28日より9日間!

アジア最大級の映画の祭典である東京国際映画祭。第32回となる本年は、六本木ヒルズ・EXシアター六本木をメイン会場に、2019年10月28日(月)~11月5日(火)の9日間で開催されることが決定した。

東京国際映画祭は、「アートとエンターテイメントの調和」をスローガンに、“映画を観る喜びの共有”、“映画人たちの交流の促進”、“映画の未来の開拓”の3つをビジョンとして掲げ、映画文化の交流を目指した映画祭。

昨年の第31回は、これまでのプログラムを維持しつつ、映画祭中盤のハイライトとなる「GALAスクリーニング」を新設し、「日本映画スプラッシュ」では監督賞を新設。

また、「TIFFプラス」の名称でほかの業種とコラボするイベントを実施し、東京ミッドタウン日比谷・日比谷ステップ広場を新たな会場として加えるなどして、総入場者数は前年対比17%アップの23万人を記録した。

会場では、興行収入30億円を超える大ヒットを記録した『カメラを止めるな!』チームがレッドカーペットをにぎわせたほか、キャリア40周年を記念してJapan Now部門で「映画俳優 役所広司」が特集され、稲垣吾郎が19年ぶりの映画単独主演を果たした『半世界』が観客賞を受賞するなど、大きな話題となった。

フェスティバル・ディレクターの久松猛朗は「今年の東京国際映画祭も、誰もが参加したくなる映画祭を目指し、更に魅力的なプログラムで皆様をお迎えしたいと思います」とコメント。今年もより多彩で賑やかな映画祭を期待できそうだ。

文/編集部

<第32回東京国際映画祭 / TIFFCOM2019 開催概要>
【第32回東京国際映画祭】 
開催期間: 2019年10月28日(月)~11月5日(火)   
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木 他
※作品エントリーは、4月に公式サイトに掲載予定
【TIFFCOM2019】
開催期間: 2019年10月22 日(火)~24日(木) 
会場:池袋サンシャインシティ コンベンションセンター 他

●映画祭公式サイト:www.tiff-jp.net
●TIFFCOM公式サイト:www.jcs.tokyo