ジェフリー・ドノヴァン、栗田貫一指導のもと「バーン・ノーティス」日本語吹替に挑む!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2010/10/7 18:38

ジェフリー・ドノヴァン、栗田貫一指導のもと「バーン・ノーティス」日本語吹替に挑む!

人気海外ドラマ「バーン・ノーティス」の主人公マイケル・ウェスティンを演じるジェフリー・ドノヴァンが、シーズン3のDVDリリースを記念したプロモーションのため、10月5日より初来日中。そんなジェフリー・ドノヴァンが分刻みのタイトなスケジュールのなか、なんと日本語アフレコに挑戦した。

ハリウッド俳優が自身のドラマの声を、日本語でアフレコするという大珍事。マイケルの日本語吹替を担当する栗田貫一のアフレコ現場に表敬訪問した。

お互いの印象を聞かれると、ジェフリーは「彼はとても若く見える。日本でのヒットは君のおかげなんだね」と栗田を称賛、一方の栗田は「いつも4時間かけて1話を真剣に録っています」と挨拶。それを聞いたジェフリーは「僕なんて1話に70時間もかかるんだよ。日米のマイケルで交換しようよ(笑)」と、イベント冒頭から会場の笑いを誘った。

そして、いよいよ実際のアフレコ収録に。栗田が「俺の名はマイケル・ウェスティン」というセリフをジェフリーに直接指導した。ジェフリーは何度も繰り返し練習するものの、初の日本語のうえ、モニターを見ながらのアフレコにもかなり困惑した様子。「もうこれ以上できないよ」と弱音を吐く一幕もあったが、栗田が「早い! 調整して!」など、日本のマイケルとして本家のマイケルに厳しく指導。そのせいもあってか、見事に仕上がった。本番終了後、ジェフリーは「とても緊張した」と、ほっとしたかと思えば、「じゃあ次は英語でやってみようか」と栗田に詰め寄る場面も。

自分の声をアフレコした感想を聞かれたジェフリーは、「難しい日本語だったけど、彼を笑わすことができたので満足だよ。次に日本に来る時は、もっと日本語を話せるようにしたいね」と意気込みを語った。栗田は「日本語を話されちゃうと困るよ。僕の仕事を奪わないでね」と返すと、「今日のでもう奪っちゃったんじゃないかな?」と会場を沸かせた。【MovieWalker】

■バーン・ノ-ティス 元スパイの逆襲 シーズン3
<レンタル>
12月3日(金)VOL.1-4、2011年1月7日(金)VOL.5-8
<セル>
DVDコレクターズBOX
発売日:2011年2月2日(水)
価格:13,440円
発売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン