ナタリー・ポートマンの激やせに監督が過食を懇願|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
ナタリー・ポートマンの激やせに監督が過食を懇願

映画ニュース 2010/11/15 16:25

ナタリー・ポートマンの激やせに監督が過食を懇願

12月3日(金)から全米公開される『ブラック・スワン』(日本2011年春公開予定)でレズビアンのバレリーナを演じ、渾身の演技を見せているナタリー・ポートマンだが、役作りのために激やせしていく姿を見たダーレン・アロノフスキー監督は、ナタリーを太らせようと必死になっていたらしい。

ナタリーは、数ヶ月にわたってダンサーを演じるためのトレーニングを積んでいたようだが、『ポートマンが、この作品にすごく真剣に取り組んでいたのがわかりました。実際のダンサーは本当にやせているので、彼女も役になりきるためにみるみるうちにやせていったんです。ある時点で見るに堪えなくなって、『ナタリー、ちゃんと食べて』ってお願いしたくらいです。彼女のトレーラーに食べ物があるか、チェックせずにはいられなかった」とアロノフスキー監督が米テレビ番組アクセス・ハリウッドに語っている。

ナタリー本人も激やせしたことは認めており、「撮影が終わった瞬間から、パスタ、パスタ!ってとにかく食べまくったの。エクササイズもしないで、瞬時にバレエ生活にサヨナラする覚悟ができたって感じ。その代わり、撮り直しの依頼が来てもコスチュームは二度と着れないから絶対無理だわ」と語っている通り、本当に激やせしたようだが、その成果は十分に表れているようでアカデミー賞主演女優賞の期待がかかっている。【NY在住/JUNKO】