『愛する人』のナオミ・ワッツ&サミュエル・L・ジャクソンが助演女優賞、助演男優賞にノミネート|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
『愛する人』のナオミ・ワッツ&サミュエル・L・ジャクソンが助演女優賞、助演男優賞にノミネート

映画ニュース 2010/12/3 11:00

『愛する人』のナオミ・ワッツ&サミュエル・L・ジャクソンが助演女優賞、助演男優賞にノミネート

11月30日、インディペンデントスピリット賞ノミネート作品が発表され、『愛する人』(2011年1月15日公開)からはナオミ・ワッツとサミュエル・L・ジャクソンが助演女優賞、助演男優賞にそれぞれノミネートされた。

毎年、アカデミー賞の前日に受賞発表が行われ、昨年は『プレシャス』(10)が作品賞、監督賞、初脚本賞、主演女優、助演女優賞の5部門で受賞を果たし、アカデミー賞もモニークが助演女優賞を獲得している。

また、同作で主演を務めるアネット・ベニングは、『愛する人』ではノミネートされなかったものの、ジュリアン・ムーアやミア・ワシコウスカと共演した話題作『The Kids are Alright』(邦題『キッズ・オールライト』、2011年GW日本公開予定)で主演女優賞にノミネートされている。

『愛する人』は、ロドリゴ・ガルシア監督の脚本だけでなく、演じている役者たちも素晴らしい。この作品を見た女性たちは、きっとアネット・ベニング、ナオミ・ワッツが演じる女性の姿に共感し、希望の一歩を踏み出せるはずだ。【Movie Walker】

関連作品

  • 愛する人

    3.8
    0
    ナオミ・ワッツ主演、めぐり逢うことのなかった母と娘の運命を描いた感動ドラマ
    U-NEXT