横浜流星の放つセリフの意味は…?『いなくなれ、群青』幻想的な予告映像が解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2019/8/2 6:00

横浜流星の放つセリフの意味は…?『いなくなれ、群青』幻想的な予告映像が解禁

現在話題沸騰中の日本テレビ系日曜ドラマ「あなたの番です-反撃編-」に出演中の横浜流星を主演に迎え、第8回「大学読書人大賞」を受賞した河野裕の同名小説を実写映画化した『いなくなれ、群青』(9月6日公開)。このたび本作のポスタービジュアルと予告映像が解禁された。

シリーズ累計発行部数90万部を突破した「階段島」シリーズの第1作を原作にした本作は、捨てられた人たちの島である階段島に暮らす高校生の七草が、幼なじみの真辺由宇と再会することからはじまるミステリアスな青春ファンタジー。飯豊まりえをはじめ、黒羽麻璃央や矢作穂香、松岡広大、松本妃代、中村里帆ら若手俳優の共演にも注目が集まっている。

このたび解禁された予告映像は、横浜演じる主人公の七草の独白から幕を開ける。そして、“捨てられた人たちの島”や“この島は魔女に管理されている”など、意味深な言葉の数々で階段島の秘密が明らかになる中、島での平穏な生活を望む七草と島の秘密を解き明かそうとする真辺の姿が、幻想的な映像美の中で映し出されていく。

さらに予告映像の中で、小林武史がプロデュースを務めSalyuが歌う主題歌「僕らの出会った場所」も初解禁。強く心に響くSalyuの歌声が、階段島で生きる七草たちの青春の物語を美しく彩り、胸に突き刺さるようなセリフのひとつひとつにより一層の深みを与えていく。

七草の語る「僕たちは本来一緒にいちゃいけないんだ」と、真辺の「私たちは必ず、また出会うんだよ」という言葉に隠された意味と、島の秘密に隠された“青春の残酷な現実”とは一体…。その衝撃の結末を、是非とも劇場で目撃してほしい。


関連作品

  • いなくなれ、群青

    4.1
    205
    河野裕の青春ミステリー小説を原作に横浜流星×飯豊まりえ主演で柳明菜監督が映画化
    Amazon Prime Video