星野源&高橋一生が鏡開き!樽から出てきた“引っ越し蕎麦”に「すごい」と笑顔|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2019/8/30 18:59

星野源&高橋一生が鏡開き!樽から出てきた“引っ越し蕎麦”に「すごい」と笑顔

星野源、『引っ越し大名!』公開に感無量!
星野源、『引っ越し大名!』公開に感無量!

土橋章宏の傑作時代小説を犬童一心監督が映画化した『引っ越し大名!』の初日舞台挨拶が8月30日に丸の内ピカデリーで開催され、星野源、高橋一生、高畑充希、及川光博、濱田岳、犬童一心監督が登壇した。初日を祝って鏡開きを実施したが、小槌を振り下ろして割った樽のなかから現れたのは、お酒ではなく“引っ越し蕎麦”。星野は「すごい!引っ越し蕎麦でございます」と楽しそうな笑顔を見せた。

『引っ越し大名!』の初日舞台挨拶が開催された
『引っ越し大名!』の初日舞台挨拶が開催された

書庫にこもって本を読んでばかりの引きこもり侍が、すべての藩士とその家族全員で別に国に引っ越して国替えをする際の総責任者、“引っ越し奉行”に任命され、仲間と共に国の存亡をかけた超難関プロジェクトに挑む姿を描く本作。

星野は「本日インスタグラムを始めました、星野源です!」と報告。『箱入り息子の恋』(13)以来、約6年ぶりの主演作が公開初日を迎えたが、「ものすごく、ものすごくうれしいです。6年前の主演の時はいろいろと自分にあって、プロモーションなどもガッツリとできない状況で初日を迎えてしまった」と病気療養などもあった日々を振り返り、「今回はたくさん稼働もさせていただいて。ちょっと撮影から時間が空いたこともあり、すごく長く待って、待って来た今日。非常にうれしいです」と喜びを噛み締めていた。

3人が仲よすぎ!
3人が仲よすぎ!

及川によると、撮影の空き時間には星野、高橋、濱田の3人が「わちゃわちゃしていた」ことが判明した。この日のステージでも濱田が「シュッとしてても天然」と高橋について評したり、「(星野と高橋は)すごく優しいお兄ちゃんみたい。2人にゲームの話を教えてもらいました。僕はゲームしないので、そんなにだったんですけど…適当に合わせてました」と語ると、高橋が「このやろう」と突っ込んだりと、息ぴったりのトークを展開。犬童監督も「男同士の3人が笑顔でずっと話していた。なにがそんなに楽しいのかと思って見ていた」と驚くほどだった。

最後には星野が「苦労を共にした思い出が、映像のなかですばらしい作品として昇華されている」と力強くアピール。フォトセッションでも星野、高橋、濱田が小突き合ったり、笑い合ったりと、仲よしぶりを発揮して会場の笑いを誘っていた。

取材・文/成田 おり枝

関連作品

  • 引っ越し大名!

    3.6
    359
    国替え(引っ越し)を題材にした土橋章宏の小説を星野源主演で映画化する時代劇作品