横浜流星が“失くしたもの”は「粋がっていた自分」!?衝撃の告白に会場は大爆笑|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2019/9/6 22:13

横浜流星が“失くしたもの”は「粋がっていた自分」!?衝撃の告白に会場は大爆笑

第8回「大学読書人大賞」を受賞しシリーズ化された河野裕の同名小説を、現在話題沸騰中のテレビドラマ「あなたの番です」に出演中の横浜流星を主演に迎えて実写映画化した『いなくなれ、群青』(公開中)の初日舞台挨拶が6日、新宿バルト9にて開催。横浜を筆頭に、飯豊まりえ、矢作穂香、松岡広大、松本妃代、中村里帆ら本作を彩るフレッシュなキャスト陣と、メガホンをとった新鋭・柳明菜監督が登壇した。

本作の舞台は“捨てられた人たちの島”と呼ばれ、出るためには失くしたものを見つけなければいけない階段島。ある日突然この島にやってきた、平穏な生活を望む悲観主義者の七草は、幼なじみの真辺由宇と再会。由宇は島から出るために七草や周囲の人々を巻き込みながら島にまつわる謎を解き明かそうとするのだが、やがて青春の残酷な現実を突きつけるような真相が明かされることに…。

割れんばかりの黄色い歓声を浴びながら登場した横浜は「無事に初日を迎えられて、本当に幸せです!」と満面の笑顔で喜びを噛みしめると、「本当に1人でも多くの方にこの作品を観ていただきたいです」と力強くコメント。そして「原作の難しい世界観やセリフを実写化するのは高い壁だった。監督やプロデューサーと相談して、その後にみんなで一緒にリハーサルをやりました」と撮影前に入念な準備を行なったことを振り返ると「こんなにも入念に準備をして臨めたというのは心強く、撮影に入る前からみんなで一緒に作っている感じがして嬉しかったです」と、準備期間を通じて共演者との絆が深まったことを明かした。

一方で由宇役を演じた飯豊も「リハーサルがなかったらこういう風に撮れなかっただろうと思うくらい、複雑で簡単には理解できない役柄」だったことを明かし、「本当に素敵な作品にしたいという想いがあった分、すごく粘ってリハーサルを重ねて、監督にも妥協しないで何回もやらせてもらえた。自分も納得いくような、自信を持ってお届けできる作品になったと思っています」と、たしかな手応えをのぞかせていた。

また、「小説の美しさを描ききろうと思っていた」と本作への強いこだわりを明かした柳監督は「この作品は設定が不思議なファンタジーなのでリアリティがとても大事だった。各キャラクターには難題を言って、心の底から感じて芝居をしてもらう。本当に素晴らしいお芝居をみなさんしてくださりました」と横浜をはじめとしたキャスト陣を大絶賛。すると真っ先に首を横に振った横浜は「監督のおかげです」と謙遜。「僕はみんなからもらったものを受けるだけだったので、本当にみなさんのおかげですよ」と全員への感謝を述べた。

その後、壇上には劇中で使用された古いタイプの電話機が運び込まれ「こういうの使ったことない!」と興味津々のキャスト陣。作品の内容にちなんで“失くしたもの”を告白していくことになると、「10代の頃の笑顔を失くしてしまった」という松岡や、「足の脂肪を失った」と足のサイズが小さくなったことを明かす矢作らに、「みんなネタがすごすぎる!」「話しづらくなるね」とハードルを感じはじめた横浜と飯豊。そして満を持して順番がきた横浜は、神妙な面持ちで電話機の受話器を取ると「横浜流星が失くしたものは、粋がっていた自分です」と告白。

「みなさんは想像もつかないと思いますが、中高はちょっとやんちゃしてカッコつけて粋がっていたんです…。ただ、このお仕事を始めていまの自分になったんですけど、いま振り返るとあの頃の自分輝いていたなと思う瞬間があって、だから粋がっていた自分も受け入れて、これから前に進んでいきたいと思います。この作品を観て、どんな自分も受け入れようと思いました」と語ると、すかさず松岡から「宣伝?」とツッコミが。「そうです」とニヤリと微笑む横浜に、会場からは大爆笑が巻き起こった。

取材・文/久保田 和馬

関連作品

  • いなくなれ、群青

    4.1
    205
    河野裕の青春ミステリー小説を原作に横浜流星×飯豊まりえ主演で柳明菜監督が映画化
    Amazon Prime Video