【連載】『南沙良の 映画と小惑星ふたつぶんくらいの愛』第10回 今月のテーマ:機械|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

コラム 2019/9/30 12:00

【連載】『南沙良の 映画と小惑星ふたつぶんくらいの愛』第10回 今月のテーマ:機械

17歳の演技派、南沙良が「DVD&動画配信でーた」にて「南沙良の 映画と小惑星ふたつぶんくらいの愛 いよいよ壁がなくなるぞー!のテンションで映画を観る」を好評連載中。毎回ぱっと思いついたテーマをもとに、編集部がセレクトした映画を鑑賞。ときに趣味や普段の生活などの話題に脱線しつつ、彼女の素顔が垣間見えるような内容になっている。第10回のテーマは“機械”、選んだ作品は『エクス・マキナ』。例のごとく話は脱線し、最終的に、なぜか遅刻の言い訳談義に発展…。

 

「遅刻の言い訳は、“来る途中でおばあさんを助けてました”」

南沙良、連載第10回のテーマは“機械”
南沙良、連載第10回のテーマは“機械”撮影/杉映貴子 ヘアメイク/平井寛功 スタイリスト/武久真理江 衣装協力/merry jenny GYF tokyo DRESS UP EVERYDAY e.m.

――衝撃的なラストでしたね。女性型AIロボットのエヴァがケイレブを××して…。

 

「ケイレブが報われなさすぎて、かわいそうでした。つらかった…けど、完全なバッドエンドでも、完全ハッピーエンドでもなくて、ちょうど良かったかな。昨日観たばっかりなんですけど、すっかりAIに敏感になっちゃいましたね。スマホの指紋認証とか顔認証の仕組みを、いっぱい調べました!」

 

――難しい技術用語が満載の会話劇でした。

 

「社長のネイサンがケイレブに次々と難しいことを質問するじゃないですか。でも頭の悪い(笑)私は、質問の意味を理解するのに時間がかかっちゃって…。その間にケイレブが返答してしまうから、話がどんどん進んじゃう。自分の頭の悪さを呪いました」

 

第88回アカデミー賞視覚効果賞にも輝いた『エクス・マキナ』
第88回アカデミー賞視覚効果賞にも輝いた『エクス・マキナ』[c]A24/Courtesy Everett Collection/AFLO

 

――もし南さんがAIロボットを相棒にできるとしたら、どんなのがいいですか? 恋人でも友達でも、何でもいいですよ。

 

「友達…、友達が…欲しい」

 

――それだけ聞くと、若干違った意味に聞こえます(笑)。

 

「見た目は私より5歳くらい年上のお姉さんタイプで、可愛くて、買い物とか掃除とか身の回りの家事を全部やってもらいたいです」

 

――それは友達じゃなくて召使いです(笑)。

 

「で、基本的に彼女のほうから私に話を振ってほしいんです。面白い話を。私はそれをふんふん聞くので」

 

――ラクしすぎですよ。

 

「喉が乾いたって言ったら、飲み物をもってきてくれる」

 

――やっぱり召使いだ…。

 

「で、休みができたら、ハワイ行く?とか言って、旅行の計画を全部立ててくれる」

 

――もしや南さん、現実でもそういうのを周りの人に求めてやいませんか? 私に面白い話をして、お茶もってきて、旅行の計画を立てて…。

 

「あ…だから友達できないんだ、私…(笑)」

 

――しかも、5年後には南さんが歳を取って、年齢が彼女に追いついてしまいます。

 

「どうしても年上がいいので、かわいそうだけど買い換えるしかないかな(笑)」

 

【写真を見る】身の回りの家事を全部やってくれるAIロボットが欲しい!
【写真を見る】身の回りの家事を全部やってくれるAIロボットが欲しい!撮影/杉映貴子 ヘアメイク/平井寛功 スタイリスト/武久真理江 衣装協力/merry jenny GYF tokyo DRESS UP EVERYDAY e.m.

 

――(笑)話題を変えましょうか。劇中では会社PCでのケイレブの検索履歴が前もって全部ネイサンに伝わっていて、エヴァの容姿はそれをもとにケイレブ好みに造られているという怖い話でした。南さんは人に知られたくない検索履歴ってありますか?

 

「あります! 私、困ったらすぐにネットに頼っちゃうんです」

 

――例えば?

 

「友達から返信が来ない時の対処法とか」

 

――また友達関係の悩み…。

 

「『返信来ないけど大丈夫?と送る』みたいな、ありきたりの答えしか載ってないですけど。あと遅刻の言い訳はけっこう調べますね」

 

――使えるやつありました?

 

「来る途中でおばあさんを助けてた」

 

――嘘くさいです(笑)。

 

「あと、家を出る時に『今、◯◯駅です』って送る。まだ電車乗ってないのに。『今、電車が停まりました』『お腹が痛くて、駅のトイレにいます』というのもあります」

 

――いいやつを教えましょうか。「家を出る時に宅配便が届いちゃって、受け取ってた」

 

「それ、いいですね! 素晴らしい! …あ、でも今事務所の人に聞かれちゃったから、使えないや(泣)」

 

“写真”を題材にしたNHKドラマ『ピンぼけの家族』にも出演が決定
“写真”を題材にしたNHKドラマ『ピンぼけの家族』にも出演が決定撮影/杉映貴子 ヘアメイク/平井寛功 スタイリスト/武久真理江 衣装協力/merry jenny GYF tokyo DRESS UP EVERYDAY e.m.

 

写真&ひとこと:ブロッコリーを見るたび小さな森だと思う。

東京タワーとゴジラ、どちらが大きい…?
東京タワーとゴジラ、どちらが大きい…?

先日車で東京タワーの下を通ったのですが、予想よりずっと大きくてドキドキしました。

いつもうんと遠くから眺めているだけだったから、真下から見る東京タワーは新鮮。

ゴジラもこのくらい大きいのかなぁ…かっこいい〜

取材・文/稲田豊史

●南沙良 プロフィール
2002年6月11日生まれ、神奈川県出身。第18回ニコラモデルオーディションのグランプリを受賞し、同誌専属モデルに。女優としては、映画『幼な子われらに生まれ』(17)に出演し、デビュー作ながらも、報知映画賞、ブルーリボン賞・新人賞にノミネート。その後、行定勲が監督を務めたロックバンド・レベッカの17年ぶりの新曲「恋に堕ちたら」(17)のMVに主演。映画初主演作『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』(18)では、第43回報知映画賞、第61回ブルーリボン賞・新人賞、第33回高崎映画祭・最優秀新人女優賞、第28回日本映画批評家大賞・新人女優賞を受賞し、その演技力が高く評価される。全編即興演技に挑んだ主演作『無限ファンデーション』(19)が公開中、主演映画『もみの家』(20)は来春公開。1月に放送された、第30回フジテレビヤングシナリオ大賞・大賞受賞作『ココア』(フジテレビ系)ではドラマデビュー&初主演。“写真”をテーマにした『ピンぼけの家族』でNHKドラマ初出演を果たす('20年3月4日放送)。またモデルとしても、「NYLON JAPAN」「GQ JAPAN」「ELLE Japan」「装苑」などの、数多くのファッションメディアに出演している。江崎グリコ「ポッキー」イメージキャラクター。「キリン 午後の紅茶」新イメージキャラクター。