綾野剛、書店にゲリラ登場!「まだまだ吉田修一ワールドに行きたい」と再タッグ望む|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2019/10/8 20:04

綾野剛、書店にゲリラ登場!「まだまだ吉田修一ワールドに行きたい」と再タッグ望む

綾野剛が新宿の書店に現れ、街の人々もビックリ!
綾野剛が新宿の書店に現れ、街の人々もビックリ!

映画『楽園』(10月18日公開)と本作の原作である「犯罪小説集」による書店イベントが10月8日に紀伊國屋書店新宿本店で開催され、綾野剛、佐藤浩市、原作者の吉田修一、瀬々敬久監督が出席。多くの人で賑わう新宿に豪華メンバーがゲリラ登場したことで、街の人々からも驚きの声があがった。

『楽園』と「犯罪小説集」による書店イベントが開催された
『楽園』と「犯罪小説集」による書店イベントが開催された

本作は吉田修一の「犯罪小説集」を原作に、ある地方都市で起きた少女失踪事件をきっかけに交錯する人々の姿を描いたヒューマンサスペンス。映画の公開を記念し、『楽園』が紀伊國屋書店新宿本店をジャック。「犯罪小説集」の新宿本店限定のスペシャルカバーブックも発売される。

ズラリと書籍が並び、『楽園』一色となった書店を見た綾野は「とてもうれしいです」とニッコリ。「映画と書店さんが連動して、作品を盛り上げていくというのは本当にいいこと。どんどん取り組んでいきたい」と意欲を語り、佐藤も「映画と書店がお互いに力を寄せ合って、ひとつの実になれば」と力強くコメント。「最初に原作を手に取ったのは、紀伊國屋書店の笹塚店」という瀬々監督は、「この映画は紀伊國屋から始まった。聖地に戻ってきた」と声を上げ、拍手を浴びていた。

また司会から「グルメもショッピングも楽しめる街、新宿は東京の“楽園”」と言われた綾野は、「『新宿スワン』という作品をやっている時に、撮影中に通行の方、ちょっと危なそうな人に髪の毛を掴まれた。なかなか激しい街だなと思います」と述懐。「まあ、天国も地獄も表裏一体ですから」と思い出を語り、周囲の笑いを誘った。

原作者の吉田は、完成作を観て「圧倒された」と告白して「映画を観終わって、いろいろな人間の感情がすべて奪い取られるような、あまり経験したことがない気持ちを経験した映画。短編集を2つ組み合わせて作っていただいて、本当に感謝いしてます」と大絶賛。「めちゃくちゃうれしいです」と笑顔を見せた綾野は、「吉田先生の作品に出させていただくのは、(『横道世之介』『怒り』に続き)3本目。まだまだ吉田ワールドに行きたいし、もっともっと頑張ろうと思います」とさらなるタッグを望んでいた。

吉田は「『犯罪小説集』は3部作で考えている」そうで、すでに第2弾の「逃亡小説集」が現在発売中。綾野は「『逃亡小説集』、瀬々さんやりましょうよ!」と瀬々監督を誘い、「なにかから逃げたい!」とさっそく前のめりの姿勢を見せていた。

取材・文/成田 おり枝




衝撃のサスペンス大作『楽園』の魅力を、多彩な記事で深堀り!

関連作品

  • 楽園

    3.3
    355
    吉田修一原作の「犯罪小説集」を瀬々敬久監督×綾野剛主演で映画化するサスペンス
    Amazon Prime Video