デイジー・リドリーが明言「スター・ウォーズ」最新作で、レイの出自が「明かされます」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2019/12/12 17:01

デイジー・リドリーが明言「スター・ウォーズ」最新作で、レイの出自が「明かされます」

スカイウォーカー家のサーガを描いてきたシリーズ最終章『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(12月20日公開)の来日記者会見が12月12日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、デイジー・リドリーたちゲスト陣が登壇し、制作秘話を語った。デイジーは「レイの出自が明かされますか?」という質問に「明かされます」とキッパリ答えた。

デイジーは「レイが失ったものを知らなければ、前に進めないから、それを模索し、答えが明かされます。私が『スター・ウォーズ』の物語が美しいと思うのは、血の通った家族の物語でありつつ、自分が愛する人を選び、家族を作っていくという点です。レイにとって、初めて出会った友人がフィンであったし、愛や友情でつながっていく関係が、人にとってどのくらい大きいのかが大事だと思っています」と本作のヒントを明かした。

会見には、デイジーにジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、アンソニー・ダニエルズ、J・J・エイブラムス監督、製作のキャスリーン・ケネディ、共同脚本のクリス・テリオも登壇した。

レイア将軍役のキャリー・フィッシャーは2016年に他界したが、本作では『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)の撮影時の未使用シーンが使われている。その理由についてJ・J・エイブラムス監督は「本作をレイアなしで終わらせることはできなかったから。また、キャリーに代わる新しいキャストを迎えたくはなかったし、デジタル処理で蘇らせることもしたくなかったです。もちろん、非常に感傷的になったし、本人はすでにいないから奇妙な感じだったが、キャラクターもキャリー自身も大好きだったから、そうしました。この完結編で会えるから、楽しみにしてほしい」と語った。

また、C-3PO役を42年間にわたって演じてきたレジェンド、アンソニーは、「スター・ウォーズ」が長年愛された理由について「ここにいらっしゃるみなさんが、私のキャリアの成長を見てきてくださったわけだね」と、デイジーたちを見たあと「そして今回皆と一緒にまた新作を作れたこともマジカルなことです。それらはすべてジョージ・ルーカスが作ったものを起点したすばらしい物語があったからだ」と生みの親であるルーカスに感謝した。

最後にBB-8、R2-D2と新ドロイドD-Oも登場し、全員でフォトセッションを行った。『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は12月20日(金)の日米同時公開で、前日の12月19日(木)に、北海道・東京・愛知・大阪・福岡の劇場で前夜祭上映される。

取材・文/山崎 伸子

関連作品