三池崇史と窪田正孝、2人の男が『初恋』に至る10年の道のり|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2020/3/4 12:30

三池崇史と窪田正孝、2人の男が『初恋』に至る10年の道のり

昨年の各国映画祭での好評を追い風に、2月28日よりついに公開となった三池崇史監督の新作映画『初恋』。主人公の才能あるプロボクサー・葛城レオを窪田正孝が演じる本作の舞台は、様々な事情を抱えた人間たちが流れ着く新宿歌舞伎町。余命宣告を受けたプロボクサーがモニカという少女と出会い、アンダーグラウンドな世界を舞台に巻き起こる濃密な一夜が描かれている。

カンヌ、トロント、マカオなど海外の映画祭で世界中のファンを熱狂させた三池監督にとって、初のラブストーリーとなる本作。作品に込めた想いや撮影現場での様子、テレビドラマ「ケータイ捜査官7」以来10年ぶりに監督・主演としてタッグを組んだ心境について、三池監督と窪田に聞いた。

約10年ぶりのタッグを組んだ2人
約10年ぶりのタッグを組んだ2人撮影/野崎航正

「ケータイ捜査官7」のときに、「10年後に窪田を選んだ理由がわかる」という言葉を残していた三池監督は、10年を経た窪田をどのように感じたのだろうか。「役者としてコツコツと積み上げてきたな、と感じました。自分で一つ一つの役に正面から取り組んでいくなかで、成長してきたという印象を受けました。いそうでなかなかいないタイプの役者だと思います。普通はそういうコツコツと打ち込んだのが顔に出るものだけど、窪田くんにはそれがまったく見えない。若く見えるのは得だよね」

一方の窪田は10年ぶりのタッグを待ちに待っていたという。「『ケータイ捜査官7』に出演したのはデビューして2年目の頃でした。そこから10年経って、『やっと(オファーが)きた!』という印象です。純粋にうれしかったです。現場を共にできる、呼んでもらえることが本当にうれしかったです。この10年、三池監督が残してきた作品のなかに自分がいないという悔しさはありました。でも、またいつか会える時のためにコツコツ頑張るしかないという思いでやってきました。この現場の楽しさはほかでは味わえませんし、節目の30歳のタイミングでご一緒できたのはすごく大きいことでした。自分にとってある種の1つの起爆剤として、チャレンジしたいという気持ちにつながっていきました」

自分を追い詰めていく小西桜子の姿に「目を背けたくなった」という窪田
自分を追い詰めていく小西桜子の姿に「目を背けたくなった」という窪田[c]2020「初恋」製作委員会

撮影現場では、10年前の自分を思い出すこともあったという窪田。「三池監督の、『役はあなたのもの。僕は撮るだけ』というスタンスは変わっていませんでした。モニカ役の小西桜子ちゃんに演出されているのを常に隣で聞いていたのですが、ワクワクすると同時に自分にも言われている気になっていました。三池監督に奮い立たされて、自分を追い詰めていく彼女を隣で見ていて、『この子の純粋さには勝てないな』という気持ちにもなりました。自分が10年前に持っていた気持ちを真正面で見せつけられたような気がして、一緒に芝居をするのが怖いことも、正直ありました。経験を重ねたなかで身についたテクニックは限られた時間での撮影のためには必要なことですが、僕にとっては役者として理想の形ではありません。「ケータイ捜査官7」の頃の純粋な感覚が一番の理想なので、それを目の前でバンバン正解のように出されてしまったら、ちょっと目を背けたくなりました(笑)」

プロボクサーを演じた窪田に役への取り組みについて聞いた。「僕は純粋に役者として、ヤクザを演じている染谷将太くんがうらやましかったです。内野聖陽さんが刀を“シャキーン”と抜くシーンなんかもずるいくらいかっこよくて。でも不器用ゆえに拳でしか人と語れない、ボクシングでしか生きることができない、そういう葛城の生き様をどれだけ魅力的にできるのかが、僕の役割と思い演じていました。僕もマシンガンとかをぶっ放したかったですけどね(笑)」

窪田は、アウトローを怪演した染谷将太を「うらやましい」と表現
窪田は、アウトローを怪演した染谷将太を「うらやましい」と表現[c]2020「初恋」製作委員会


関連作品

  • 初恋

    4.1
    214
    窪田正孝を主演に迎えて制作された、三池崇史監督が初めて手掛けるラブストーリー
    Amazon Prime Video