森川葵、松井玲奈、百田夏菜子“どれみ世代”の3人が『魔女見習いをさがして』ヒロインに!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/2/28 7:00

森川葵、松井玲奈、百田夏菜子“どれみ世代”の3人が『魔女見習いをさがして』ヒロインに!

『魔女見習いをさがして』3人のヒロインを演じる声優が決定!
『魔女見習いをさがして』3人のヒロインを演じる声優が決定![c]東映・東映アニメーション

1999年から4年間にわたり放送され、当時の子どもたちに大きな影響を与えたテレビアニメ「おジャ魔女どれみ」シリーズ。その20周年を記念して製作される『魔女見習いをさがして』(5月15日公開)で、森川葵と松井玲奈、百田夏菜子の3人がヒロインたちの声を担当することが発表された。

本作はかつて「どれみ」を観て育った大人たちに贈る、新たな“魔法”の物語。進路に戸惑う大学生の長瀬ソラと、職場に馴染めず葛藤する会社員の吉月ミレ、そしてダメ彼氏に振り回されるフリーターの川谷レイカ。MAHO堂のモデルとなった洋館で運命的に出会った3人は、「どれみ」にゆかりのある地を巡る旅を通して、大人になって見失ってしまった大切なものを探していくことに…。

「賭ケグルイ」や「嘘八百」シリーズなど、話題作への出演が相次ぐ森川が演じるのは、周りの意見に流されがちで自分を表現することが得意ではない気弱な大学4年生、長瀬ソラ。またSKE48卒業後に女優として活躍し、昨年小説家デビューも果たした松井は、東京で一流貿易商社に勤めながら人間関係に悩む吉月ミレを演じる。

そしてももいろクローバーZのリーダーで、アイドルや女優、声優など多彩な活躍を見せる百田が演じるのは、絵画修復士になる夢のためにアルバイトをして進学費用を貯めるフリーターの川谷レイカ役。現在20代で、まさに“どれみ世代”の3人はこれが初共演。彼女たちが新たな“魔法”の物語をどのように彩ってくれるのか、大いに期待したい!

関連作品