スティーヴン・スピルバーグ監督の娘、婚約者に暴行で逮捕!その理由は?|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/3/5 20:15

スティーヴン・スピルバーグ監督の娘、婚約者に暴行で逮捕!その理由は?

巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督の養女ミカエラ(23)が、ダーツプレーヤーの婚約者チャック・パンコウ(47)に暴力をふるったとして、DV疑惑で逮捕されていたことがわかった。

2人は現地時間2月29日の午前4時ごろにバーで口論となり、ミカエラがチャックに投げつけたものが手に当たったことから手首と手に流血するケガを負ったという。テネシー州デビッドソン郡の保安官事務所によると、ミカエラは現地時間2月29日の午前6時30分に逮捕され、ナッシュビルの拘置センターに収容されたという。

恐らくアルコールの入ったコップを投げつけたのではないかと言われているが、「チャックが、スピルバーグ監督に対して失礼なコメントをしたことにミカエラが腹を立てた」のが原因だとか。被害者とされるチャックは、ケガは認めたもののDV疑惑については「誤解だ」と釈明しているという。またスピルバーグ監督の名で、すでに謎の人物が1000ドル(約10万8000円)の保釈金を支払っており、ミカエラは12時間後に釈放されたようだ。

スピルバーグ監督には、最初の妻エイミー・アーヴィングとの実子マックス、1991年に結婚した現在の妻ケイトの連れ子のジェシカ、セオ、実子のサーシャとサイヤ-、そして幼少時代に養子縁組したミカエラと実子のデストリーと7人の子どもがおり、ミカエラは第6子にあたる。

先日ポルノスターとしての道を歩み始めていると公表し話題を呼んだばかりのミカエラだが、スピルバーグ監督と妻のケイトはミカエラのキャリアを全面的にバックアップしているという説がある一方で、ミカエラの決断に当惑しているという説もあるようだ。

暴力は良くないが、父親のことをけなされて怒ったとすれば、父親思いの娘に対するスピルバーグ監督の心中にも複雑なものがあるだろう。

NY在住/JUNKO