今井翼、プラド美術館のドキュメンタリー映画でナビゲーター役「身に余る光栄」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
今井翼、プラド美術館のドキュメンタリー映画でナビゲーター役「身に余る光栄」

イベント 2020/3/3 16:36

今井翼、プラド美術館のドキュメンタリー映画でナビゲーター役「身に余る光栄」

『プラド美術館 驚異のコレクション』の公開アフレコに登壇した今井翼
『プラド美術館 驚異のコレクション』の公開アフレコに登壇した今井翼

2019年に開館200周年を迎えたスペインのプラド美術館の全貌に迫るドキュメンタリー映画『プラド美術館 驚異のコレクション』(4月10日公開)の公開アフレコが、3月3日にビデオテック南青山スタジオで開催され、日本語吹替版のナビゲーターを務める今井翼が登壇。アフレコを終えた今井は「皆さんにお集まりいただいたなかでやるのは緊張感がありました」と感想を述べた。

世界最高峰の美術館の1つとされ、スペイン黄金期を後世に伝えるプラド美術館を撮った本作。フラメンコに魅了され、単独でスペインにわたってレッスンを受けたり、スペイン文化特使も務めたりしてきた今井は「スペインで様々な経験をさせていただきましたが、初めて訪れたのがマドリードで、その時はフラメンコの勉強で行ったけれど、せっかくなのでヨーロッパ美術に触れたいと思い、初めて行ったのがプラド美術館でした」と語る。

【写真を見る】真剣な眼差しの今井翼
【写真を見る】真剣な眼差しの今井翼

本国版のナビゲーターはアカデミー俳優のジェレミー・アイアンズが務めているが、日本語吹替版では今井が担当するということで「身に余る光栄です」と恐縮する。「ジェレミーさんは僕よりもうんと年上(71歳)の名俳優。僕は38歳ですが、よく人から『君は声が低い』と言われます。年齢的には当てはまるかなという不安はありますが、やりがいや手応えをすごく感じました」と手応えを口にした。

ただ、アフレコには苦戦したようで「これだけ膨大な台詞をしゃべる吹替えは初めてだったので、スタッフの皆さんには申し訳ないくらい時間をかけてしまいました。当初は1日で全部を終えましょうという話でしたが、計2日、お時間をいただいてやりました」と苦笑いした。

最後に本作の見どころについて「携わる方々の生きた証言や、最先端の映像の美しさ、臨場感ある音楽を通して、すごく感動や発見にあふれた作品になっています。造詣がそこまで深くない方でも、これを機に映画館で楽しんでほしい」とアピールした。

取材・文/山崎 伸子

関連作品