『1911』が第24回東京国際映画祭特別オープニング作品&ジャッキー・チェン来日決定!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
『1911』が第24回東京国際映画祭特別オープニング作品&ジャッキー・チェン来日決定!

映画ニュース 2011/8/10 16:56

『1911』が第24回東京国際映画祭特別オープニング作品&ジャッキー・チェン来日決定!

ジャッキー・チェン出演100作目となる『1911』(11月5日公開)が、10月22日(土)より開催される第24回東京国際映画祭の特別オープニング作品に決まったことがわかった。

先日、『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』(10月28日公開)が、同映画祭の公式オープニング作品に決定し、ポール・W・S・アンダーソン監督やミラ・ジョヴォヴィッチ、主演のローガン・ラーマンの来日を予定されていることが発表されたが、この度、『1911』主演のジャッキー・チェンの来日が予定されていることも明らかとなった。

構想10年、総製作費30億円がかけられた本作。今回の決定にジャッキー・チェンは「私の100作目の映画が、復興へと歩み出した重要な年の特別オープニング作品に選ばれたことを光栄に思います」とコメントを寄せ、「自らを犠牲にする英雄というのは、大きな災難が起こった時に現れるものです。ですから私は英雄を望みません。日本が災難に直面している今、少しでも私の映画が日本の皆さんの力になれたらと願っています。日本でお会いするのを楽しみにしています」と、来日を心待ちにしている。

これまでの同映画祭にて、オープニング作品が2作品となるのは1997年開催の第10回以来、14年ぶり2回目となる。『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』のキャスト、監督や、ジャッキー・チェンが、日本を元気に盛り上げてくれることだろう。【Movie Walker】

関連作品

  • 1911

    3.0
    0
    J・チェン主演、清王朝の男たちが新たな中国を創造するために立ち上がる姿を描く

関連記事