『幸せへのキセキ』で動物園の飼育員を演じたのはあの少年だった!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
『幸せへのキセキ』で動物園の飼育員を演じたのはあの少年だった!

映画ニュース

『幸せへのキセキ』で動物園の飼育員を演じたのはあの少年だった!

廃園間近の動物園を再建することによって、大事な人を亡くした悲しみから抜け出せずにいる家族が再生していく姿を描いた感動作『幸せへのキセキ』(公開中)。主人公を好演するマット・デイモンのほか、動物園飼育スタッフのリーダーにスカーレット・ヨハンソン、主人公の兄を演じるトーマス・ヘイデン・チャーチなど、実力派俳優が豪華共演を果たしているのも話題だ。

ユニークな人物がそろっている飼育スタッフの中で、特に目を引くのが、いつも相棒のサルを肩に乗せている青年ロビン。ロビンを演じているのは、本作の監督を務めるキャメロン・クロウの自伝的作品『あの頃ペニー・レインと』(00)で、若き日のクロウをモデルにした役柄をみずみずしく演じたパトリック・フュジットなのだ。あの線の細かった少年が、今では何と30歳! でもよく見ると、優しい目元に当時の面影が残っているかも!?

クロウ作品に出演し、注目を浴びたパトリックのように、本作でマット・デイモンの息子を好演したコリン・フォードも、役者として一回り成長してクロウ作品に再出演を果たすなんてこともあるかもしれない。【トライワークス】

関連作品

  • 幸せへのキセキ

    4.1
    263
    キャメロン・クロウ監督&マット・デイモン主演、経営難の動物園を購入した一家の物語
    Amazon Prime Video