ロバート・パティンソン、クリステンとの復縁の条件はブランジェリーナ式?|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
ロバート・パティンソン、クリステンとの復縁の条件はブランジェリーナ式?

映画ニュース 2012/9/2 9:30

ロバート・パティンソン、クリステンとの復縁の条件はブランジェリーナ式?

ルパート・サンダース監督と浮気したクリステン・スチュワートに懇願されながらも、会うことを頑なに拒んでいたロバート・パティンソンが、クリステンに会う準備を整えているという。

クリステンの浮気相手となったルパート・サンダース監督の妻は、既に夫の不貞を許したようだが、「ロバートはなかなか心の整理がつかないようですが、クリステンを猛烈に愛する気持ちを急に変えることはできないのです。ロバートは、クリステンのおろかな浮気心は一過性のもので、長くも続かなければ、二度とこのような過ちを犯さないと信じています」

「クリステンの謝罪が口先だけのものではないことはわかっていても、打ちのめされたロブは、なかなか彼女に会う気にはなれなかったのですが、先日電話で1時間くらい話をしたことで、あふれ出る気持ちが抑えられなくなってしまったようで、そろそろクリステンと会って話をした方が良いと考えるようになったようです。彼はクリステンを憎んでいるわけではなく、どうしてこうなってしまったかということを考えています。ふたりできちんと話すことで、できるなら、3年の間に築き上げてきたふたりの関係を取り戻したいと思い始めたのかもしれません」と友人がルック誌に語っている。

しかし、ロバートは復縁するとしても、ある条件付きになるという。「ロブは、クリステンが魅力的な女性であることもわかっているので、別々の場所で多くの時間を過ごすのは良くないと考えているようです。ロブは、原点に戻るためにも生まれ故郷のロンドンに戻るつもりなので、クリステンには多くの時間をロンドンで過ごすことを要求するでしょう。復縁するとなれば、アンジェリーナ・ジョリーとブラット・ピットのように、一人が映画の撮影をしている間は、もう一人は仕事をしないというルールを決めることで、より多くの時間を一緒に過ごせるようにしたい」のだとか。

若手俳優のホープである多忙なふたりとあって、クリステンが復縁と引き換えに仕事を控えるという条件をのむことができるのかはわからないが、ふたりの状況が着実に前進していることは間違いない。【NY在住/JUNKO】