ブラッドリー・クーパーにまたもやゲイ説が!アカデミー賞に不利な展開に!?|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2013/1/26 17:00

ブラッドリー・クーパーにまたもやゲイ説が!アカデミー賞に不利な展開に!?

イケメン俳優のブラッドリー・クーパーに、再びゲイ説が浮上し、ブラッドリー本人は頭を悩ませているらしい。

ブラッドリーは、2006年に女優ジェニファー・エスポジートと結婚していたが、約1年で離婚。原因は明らかになっていないが、「ブラッドリーが男性とベッドを共にしているところを妻に目撃されてしまったため」などと騒がれた過去がある。その後は、レ二ー・ゼルウィガーやジェニファー・アニストン、ジェニファー・ロペス、ゾーイ・サルダナなどとの噂が流れたプレーボーイのはずが、ゲイ説は消えていなかった。

そして最近、ハリウッドで有名なブロガーが、「ブラッドリーとライアン・シークレスト(ジュリアン・ハフとの結婚が近いと言われている)は、今こそゲイであることをカミングアウトするべきだ」と書き込んだことで、ゲイ説が再燃しているという。

ナショナル・エンクワイラー紙によれば、「最近では『世界にひとつのプレイブック』(2月22日公開)の共演者ジェニファー・ローレンスとの噂もありましたが、ブラッドリーは関係を否定しています。また、テイラー・スウィフトの誘いにものらなかったと言われています。第70回ゴールデングローブ賞授賞式に母親を同伴させたのもそうですし、最近、ブラッドリーの大親友ヴィクター・ガーバーがゲイであることをカミングアウトしたのも、ブラッドリーのゲイ説が再燃したことに大きな影響がある」という。

「以前ならブラッドリーは噂を笑い飛ばしていましたが、今では大スターになり、『世界にひとつのプレイブック』で第85会アカデミー主演男優賞にノミネートされていることから、この噂は頭の固いアカデミー会員が彼を敬遠する要因になるとして、頭を抱えているようです」と、近しい関係者は語っている。このタイミングでゲイ説が再燃したのは、意図的な陰謀なのだろうか?

トム・クルーズ、ヒュー・ジャックマンなど、イケメンで物腰が柔らかく、優しい男性は、結婚しても、さらに子供ができてもゲイ説が払拭されることは難しく、ブラッドリーもその運命をたどることになりそうだ。【NY在住/JUNKO】