赤西仁、ハリウッドデビューも問題なし!?気になる英語演技の実力は?|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2013/12/7 16:14

赤西仁、ハリウッドデビューも問題なし!?気になる英語演技の実力は?

キアヌ・リーブス主演の3Dアクション大作『47RONIN』(12月6日公開)。メインキャストに真田広之、浅野忠信、菊地凛子ら国際的に活躍するメンバーが集結した本作で、柴咲コウと並びハリウッドデビューを果たしたのが赤西仁だ。今年、約1年5か月ぶりに芸能活動を再開するにあたって、なにかと注目の集まっている赤西だが、『47RONIN』では本格的な英語演技に挑戦している。

本作は日本の「忠臣蔵」をベースにした新感覚のスペクタクル時代劇。赤西が演じるのは、決死の仇討ちに挑む赤穂浪士たちのリーダー・大石内蔵助の一人息子・主税(ちから)だ。真田演じる父親の忠義心を受け継ぐRONINの1人で、キアヌ扮する異端児・カイとも心を通わす主税は、この物語の重要な役割を担うことになる。自分の力を発揮したいと焦り、父に制される場面では、復讐に燃えつつも自制心と闘う難役を見事に体現。ふだんのイメージとは異なり、その“抑制された演技”が光る本作を見て、新鮮に感じる人も多いのではないだろうか。

全編を通じて英語で展開されていく本作のような作品で、日本人キャストに求められるのはやはり英語での演技力だ。そんななか赤西はというと、役柄の性格上口数は少ないものの、劇中では淀みないセリフ回しを披露。ロサンゼルスで半年間の語学留学経験のある赤西は、海外でのインタビューには通訳なしでスラスラと返答するなど、その英語力は実証済みだ。2010年にソロミュージシャンとして全米ツアーを行っていることからも、基本的な日常会話はまったく問題なし。その際に培われた英語力が、今回の演技でも遺憾なく発揮されている。

主演作『BANDAGE バンデイジ』(09)以来の2度目の映画出演にもかかわらず、監督のカール・リンシュがその存在感に惚れ込み、ハリウッド大作に抜擢されたという赤西仁。英語力という魅力が加わり、新たなフィールドに踏み出した彼の今後の活躍に期待したい。【トライワークス】

関連作品

  • 47RONIN

    3.0
    4
    キアヌ・リーヴス×真田広之共演、「忠臣蔵」をベースにしたスペクタクル・アクション