コミケ初参戦のディズニー、「ヴァンガード」の絵師らによる描きおろしイラスト集付き映画前売り券を販売!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
コミケ初参戦のディズニー、「ヴァンガード」の絵師らによる描きおろしイラスト集付き映画前売り券を販売!

映画ニュース 2013/12/12 17:00

コミケ初参戦のディズニー、「ヴァンガード」の絵師らによる描きおろしイラスト集付き映画前売り券を販売!

先日、12月29日(日)~31日(火)にかけて東京ビッグサイトで開催される「コミックマーケット85」の企業ブースに、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンが初参戦することが決定し話題となったが、その詳細が判明!映画『エンダーのゲーム』(14年1月18日公開)の<コミケ限定特典付きスペシャル前売り券>を数量限定で販売することが決定した。

『エンダーのゲーム』は、ネビュラ賞、ヒューゴー賞のダブル・クラウンの快挙を達成した伝説的小説を実写映画化したもの。宇宙戦争を“終わらせる使命”を背負って生まれた少年戦士エンダーの挫折と成長を描いた物語だ。アニメ大国である日本の多くのクリエイターや声優などに影響を与えたと言われる作品で、コミケとの相性も抜群といえる。

今回コミケで販売される前売り券の限定特典は、「カードファト!! ヴァンガード」の伊藤彰ら6人の人気絵師が『エンダーのゲーム』をイメージしたイラスト集と、吹替版声優陣によるスペシャルガイドCDというレアなもの。伊藤は「数十年も前にSF好きの友人にこの作品を薦められて拝読しましたが、今なお楽しく読み進めた記憶が蘇ります」と作品への想いを語り、「大ファンの作品のイラストを描く機会に出会えてとても嬉しいです」と喜びのコメントを寄せている。

また、スペシャルガイドCDの内容は、逢坂良太(エンダー役)、佐藤聡美(ペトラ役)、白石涼子(ヴァレンタイン役)、沢城みゆき(ビーン役)、桑島法子(アーライ役)ら豪華吹替版声優陣が、本作の魅力や演じたキャラクターについて生声で熱く語るというもの。こちらもファン必聴のアイテムとなりそうだ。【Movie Walker】

関連作品