行方不明だったレオの義兄、麻薬、窃盗の罪で逮捕される!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2014/1/29 12:12

行方不明だったレオの義兄、麻薬、窃盗の罪で逮捕される!

第86回アカデミー賞作品賞や主演男優賞にノミネートされている『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のプロモーションのため、マーティン・スコセッシ監督やジョナ・ヒルと共に日本を訪れて超ご機嫌のレオナルド・ディカプリオだが、行方不明だったレオの義理兄が麻薬や窃盗罪などで逮捕されたことが明らかになった。

レオの父の連れ子である義兄で元俳優のアダム・フェラーは、先月から行方不明になっていたが、「アダムは先週の金曜日、テキサスでドラッグや窃盗による第2級軽犯罪の罪で逮捕されました。また、電話によるハラスメントの罪で、第3級軽犯罪の罪にも問われています。恋人でアダムとの間に生まれた6歳の娘の母親であるチャリティー・ムーアもアダムが逮捕される5日前に逮捕されています。ふたりはカリフォルニアからテキサスに逃亡して身を隠していたようです。カリフォルニアの刑法に基づいて刑が確定すれば、禁固刑も逃れられないかもしれません」と関係者がRadaronlineに語っている。

「レオは長い間アダムと連絡は取り合っていないようですが、レオが役者を志すようになったのも元役者のアダムの影響が大きかったと言われています。血がつながっていないとはいえ、数年前までアダムとはバスケットボールなどを一緒に観戦していた仲で、携帯もつながらなくなったのでとても心配していました。見つかるまでは仕事を自粛するとも語っていた」と関係者がナショナル・エンクワイラー紙に語っていたが、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたとなれば、プロモーションは必須。

ジャパンプレミアではファンを激写するなどノリノリだったレオだが、来日が逮捕後だったことを考えると、義兄の身を案じながらのプロモーションだったのかもしれない。【NY在住/JUNKO】

関連作品