10歳から17歳への成長ぶりが眩しい!あの人気女優の“ビフォーアフター”を目撃|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2014/2/21 11:30

10歳から17歳への成長ぶりが眩しい!あの人気女優の“ビフォーアフター”を目撃

弱冠17歳にして、ハリウッドを担う女優へと躍進したクロエ・グレース・モレッツ。そんな注目株の彼女が出演する注目の映画が2本、同日に公開!クロエの成長が手に取るようにわかる作品が並んだので、この機会に彼女の“ビフォーアフター”をチェックしてみよう。

まずは、当時10歳のクロエが出演した『早熟のアイオワ』(2月22日公開)。夜になるとドラッグディーラーたちが集う“ポーカーハウス”と呼ばれる家で、売春婦の母と暮らす、姉妹たちの過酷な現実と希望を描く。本作でクロエが演じているのは、3人姉妹の末っ子にあたるキャミー。環境の悪い家に帰りたがらず、友人の家に外泊することが多い、家出少女を好演している。ちょっと生意気で大人びた口を利くものの、10歳のクロエが劇中で見せるくったくのない笑顔が、実にチャーミング。その愛嬌のある表情に、ノックアウトさせられそう!

続いては、冴えない高校生がヒーローとなって悪と戦う姿を描いた大ヒット作の続編『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』(2月22日公開)。前作『キック・アス』(10)に続き、クロエは美少女の暗殺者ヒット・ガールを熱演!紫色のコスチュームに身を包み、キック・アスら仲間と共に、悪の軍団との抗争に立ち向かっていく。敵の激しい攻撃をかわし、自分より大きな敵に真正面からぶつかっていく姿は、とにかくクールでスマート!しかも、セクシーさもプラスされ、大人びたヒット・ガールに成長を遂げている。

『早熟のアイオワ』と『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』、全く違うジャンルの映画だからこそ、クロエの魅力に迫るにはもってこいのタイミング!この2作品で、彼女の飛躍をしっかりと目に焼き付けておこう。【トライワークス】

関連作品