東出昌大が主演!伝説のバイオレンスアクション『GONIN』続編が製作決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
東出昌大が主演!伝説のバイオレンスアクション『GONIN』続編が製作決定

映画ニュース

東出昌大が主演!伝説のバイオレンスアクション『GONIN』続編が製作決定

1995年に公開され、バイオレンスアクションの傑作として知られる石井隆監督作『GONIN』。19年の歳月を経た今年、続編となる新たな物語『GONIN サーガ』が製作され、KADOKAWA=ポニーキャニオンの共同配給により2015年の全国公開が決定。前作に引き続き石井隆がメガホンをとり、東出昌大のほか桐谷健太、土屋アンナ、柄本佑、安藤政信が出演することが明らかになった。

バブル経済が崩壊した1995年の日本を舞台に、佐藤浩市、本木雅弘、根津甚八、竹中直人、椎名桔平が五人組=“GONIN”を、鶴見辰吾、永島敏行らがGONINと対立するヤクザを、そしてヤクザに雇われたヒットマンをビートたけしが怪演し、カネを巡る壮絶な殺し合いが描かれた『GONIN』。続編となる本作では、19年後の2014年を舞台に、鶴見、永島が演じた大越組のヤクザの息子らの物語がつづられる。

主演を務めるのは、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」での好演も記憶に新しい若手俳優・東出昌大。前作でGONINに襲撃を受け命を落とした大越組若頭・久松(鶴見辰吾)の息子・勇人を演じる。同じく前作で命を落とした久松の組長・大越(永島敏行)の息子・大輔には桐谷健太。前作の大越組を束ねる五誠会2代目に出生の秘密を握られ、愛人になり下がってしまった元グラビアアイドル・麻美に土屋アンナ。19年前のGONIN事件の真相を追うルポライターとして、自らも19年前の事件に深い因縁を持つ・森澤に柄本佑。そして、今回のGONINの敵役となる、前作の五誠会会長・式根(室田日出男)の孫であり、麻美を愛人として囲う、五誠会三代目・誠司に安藤政信が抜擢。前作にも劣らない豪華実力派キャストが勢ぞろいした。

今年は主演作『クローズEXPLODE』が公開され、さらに『アオハライド』(12月公開)が控えている注目俳優の東出は、「GONINと言う作品に出させて頂くに当たり、多くの方から想いの込められた襷(たすき)を受け取りました。この襷は諸先輩方の意地や覚悟、情熱の上に紡がれてきた襷です。持てる全てを出し切り挑みます」と意気込みをコメント。東出らGONINと対峙することになる安藤政信も、「昔から石井監督の作品の大ファンで、作品の中に漂う美意識や、その中にある生々しい感じが当時から衝撃で、一度は作品をご一緒したいと思ってました。僕が演じる誠司という役柄は、20年前に自分が実際見た作品の登場人物の孫になるのですが、あまりいろんなことを考えすぎず、監督の考える作品の世界観の中で、愛される一人のキャラクターになればいいなと思っています」と語っている。

前作に続き今回も監督・脚本を務める石井隆は、映画化実現に至るまで19年もの間、何本もシナリオを書き下ろしたことを明かしつつ、「何度も何度も“家族たち”の違う物語を書き続け、そして、あれから19年。今、僕は『GONIN サーガ』の現場にいる。素晴しい俳優陣、素晴しいスタッフと一緒に」と、本作に込められた並々ならぬ想いを告白。石井監督の集大成作となることは間違いないだろう。

6月1日に横浜にてクランクインし、6月末日にクランクアップ、2015年に全国公開される予定の本作。気になる“GONIN”の最後の一人はまだ発表されていないが、ファンがあっと驚くキャスティングを予定しているとのことで、期待が高まる!【Movie Walker】

関連作品

  • GONIN サーガ

    2.5
    82
    石井隆監督によるハードアクションの続編、前作から19年後の世界を描く
    Amazon Prime Video U-NEXT Hulu