相葉雅紀、榮倉奈々との手つなぎシーンにド緊張!榮倉は「手が折れるかと思った」と苦笑い|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2014/10/26 18:04

相葉雅紀、榮倉奈々との手つなぎシーンにド緊張!榮倉は「手が折れるかと思った」と苦笑い

第27回東京国際映画祭特別招待作品『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』(11月22日公開)のワールドプレミアが10月26日に六本木ヒルズアリーナで開催され、相葉雅紀、榮倉奈々、ハン・ヒョジュ、生田斗真、犬童一心監督が登壇。相葉は「クリスマスにぴったりの映画になりました」とアピール。会場に集まったファンから大歓声を浴びた。

本作は、山下達郎の「クリスマス・イブ」をモチーフにした中村航の原作小説を映画化。片想い中の4人の若者に起きる“奇跡”を描いたラブストーリーだ。本作が単独初主演となった相葉。嵐のメンバーが出演した『黄色い涙』(07)の犬童監督がメガホンをとるが、「いい緊張のなかでできた。やりやすい空気のなかでできました」と犬童監督への信頼感を告白。犬童も「前作の撮影中の途中から、相葉くんの映画を撮りたいと思っていた。こういうキャラクターの人って他にいない。この人でなければ撮れない映画があると思った」と待望のタッグであることを明かした。

榮倉扮する幼馴染からの恋心に気づかない鈍感男子を演じる相葉だが、役柄との共通点は「一つのことに集中すると周りが見えなくなるところ」と分析。榮倉は「台本を読んだ時に、相葉さんにぴったりな役だと思った」と話し、「ときめくようなシーンでは、相葉さんがすごく緊張していた」と暴露。相葉と榮倉が手をつなぐシーンでは、手を強く握られたようで「手が折れるかと思った。でも、緊張しているから言えなかった」と続けると、相葉は「それならそのとき言ってよ!」と慌てながら、「すみません」と頭を下げていた。

相葉と生田が共演することでも話題の本作。生田は「相葉くんとお仕事をするのは、中学生のとき以来。17年ぶりかな。大人になった僕らの魅力が詰まった映画になった」とニヤリ顔。ヒョジュは「本当に2人とも優しくて」と相葉と生田に感謝しきり。「相葉さんのファンになりました。これだけ長く活動をされているのに、現場では新人のような姿勢で一生懸命お仕事をされる」と相葉の仕事への姿勢にも刺激を受けたようだった。最後には、相葉の掛け声で1000個のハート型バルーンが降り注ぐなか、フォトセッション。大盛況の舞台挨拶を締めくくった。【取材・文/成田おり枝】

関連記事