岩佐真悠子がメイド姿のキャバ嬢に!生唾モノの大胆プレイをピックアップ|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2014/10/29 14:00

岩佐真悠子がメイド姿のキャバ嬢に!生唾モノの大胆プレイをピックアップ

巨額横領事件の残金25億円を巡って、事件の容疑者、悪徳刑事コンビ、ヤクザ、半グレ集団、中国系マフィアが血を血で洗う激しい争奪戦が繰り広げるバイオレンス作『25 NIJYU-GO』(11月1日公開)。東映Vシネマ25周年記念作ということもあり、主演の哀川翔をはじめ、Vシネマでお馴染みの顔ぶれがズラリと並ぶ中、岩佐真悠子が大胆な“艶技”を見せてくれる。

昨年公開の『受難』(13)では女性器に人面瘡ができてしまうヒロインに扮し、フルヌードでの全力疾走シーンまで披露してくれた彼女だが、今回はライダー俳優や薄毛のあの個性派との大胆なラブシーンに挑戦!

本作で彼女が演じるのは、半グレ集団・武蔵連合No.1の真田の情婦でキャバ嬢の沙織。緑色の髪の毛にメイド風の衣装を身に着けた彼女は本編開始早々から、仮面ライダーディケイドで人気になった井上正大演じる真田との激しいベッドシーンを披露。真田に口に指を突っ込まれながら沙織が絶頂を迎えるさまは生唾ものだ。

さらには、25億円の隠し場所を探ろうと、横領事件の容疑者である九十九(温水洋一)に接近。ピンヒールで九十九の顔を激しく踏んだり、ラブホテルで変態プレイを繰り返しうえに、壮絶な死にざままで見せてくれるのだ。個性派ぞろいの共演者たちに負けない強烈なキャラクターを演じた彼女の新たな代表作と言っても過言ではないだろう。【トライワークス】

関連作品

  • 25 NIJYU-GO

    3.3
    0
    哀川翔主演、東映Vシネマ25周年を記念して製作されたピカレスク・バイオレンス
    Amazon Prime Video