武田梨奈、吉田豪の質問攻めに「裸に抵抗ない」と告白|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2015/2/7 18:13

武田梨奈、吉田豪の質問攻めに「裸に抵抗ない」と告白

インドネシア発のバトル・アクション映画『SARAH サラ』の初日舞台挨拶が2月7日にシネマート六本木で開催され、空手家で女優の武田梨奈とプロインタビュアーの吉田豪が登壇。吉田に質問攻めにされた武田が、「家では裸でいることに抵抗がない」と激白。フォトセッションでは、吉田にハイキックや肘打ちを決めて、会場を大いに盛り上げた。

本作は、最愛の娘マルシャを守るために、襲いかかる敵を次々と圧倒的な強さで倒していく最強の女・サラの物語。アクション女優として大活躍中の武田は、「アクション女優としては燃えます」と本作に魅了された様子。「誰かを守るために戦う人が一番強い。母が子どものために戦うところにグッときた」と感銘を受ける部分も多かったようだ。

強い母親像が描かれる本作だが、武田は「私のヒーローはお父さん」と父親っ子であることを告白。吉田が「先日、週刊誌にお父さんとお風呂に入るって書かれてましたね」と突っ込むと、武田は照れ笑いを浮かべながらも「実家で家族5人暮らしなんです。帰ってくる時間帯がみんな一緒で、お風呂に入る時間がかぶる。だから父が湯船に入っている間に私が洗ってと。家族でランダムにお風呂に入っている」と正直にコメント。

思わず吉田も「え、効率的にするための話なんですか?」と驚いていたが、武田は「そうです。兄が入っているときにも、バアッと私が入って洗ったりもします」と平然と語り、会場の笑いを誘っていた。さらに、吉田が「家では裸族なので、裸に抵抗がないんですかね」というと、武田は「抵抗はないですね」とサラリと回答。

その後行われた囲み会見では、記者から「今後、映画で裸になることに抵抗はない?」との質問が上がり、武田は「今の年齢的にはまだですね。もっと色気が出てから。今、私が裸になっても小学生が裸になっているみたい。もっと魅力をつけてからにしたいです」と意欲的ながらも、まずは女磨きを優先したい様子だった。【取材・文/成田おり枝】

関連作品

  • SARAH サラ

    -
    0
    娘を守るために犯罪組織に立ち向かうヒロインの姿を描くインドネシア発のアクション