せんせーションズの初お披露目に600人が大興奮!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
せんせーションズの初お披露目に600人が大興奮!

映画ニュース

せんせーションズの初お披露目に600人が大興奮!

累計発行部数1350万部を突破した人気コミックを実写映画化した『映画 暗殺教室』(3月21日公開)の学生限定試写会3月16日にニッショーホールで開催され、山田涼介、菅田将暉、山本舞香、竹富聖花、上原実矩、羽住英一郎監督が出席。

主題歌を歌う9人組のボーカル&ダンスグループ“せんせーションズ”がサプライズで登場し、会場に集まった約600人の学生から悲鳴にも似た大歓声があがった。

“せんせーションズ”は、“殺せんせー”の暗殺に失敗したという9人の暗殺集団によって結成されたユニット。キャスト陣によるトークが終わったところでイベントも終了かと思いきや、突然、ステージが暗転。“せんせーションズ”がステージに登場し、映画主題歌「殺せんせーションズ」を披露した。“せんせーションズ”が主題歌を観客の前で歌うのは、この日が初めて。粋な演出に会場はどよめき、泣き出すファンも見受けられた。

すでに映画を見たという“せんせーションズ”のメンバーは、「“殺せんせー”の触手をモチーフにした振り付け」とダンスのポイントをアピールし、映画については「笑いもあり、涙もあり、素晴らしいエンタテインメント作品。続きも見てみたい」と、早くも続編に期待を寄せていた。

地球破壊を宣言した謎の生物“殺せんせー”と、“殺せんせー”の暗殺を命じられた生徒たちの奇妙な交流を描く本作。舞台挨拶では、映画初主演を果たした山田が「原作が大好きで、まさか自分が主演として出演できるとは思っていなかった。すごく光栄」とニッコリ。

21歳にして中学生役を演じたが、「高校生役はありかと思っていたけれど、まさか中学生役をやるとは」と率直な感想も。会場から「かわいい!」と声がかかると、「マジで?」と答えて大歓声を浴びていた。

また「課外授業」と題して、様々な質問に答えるコーナーでは、司会から「親友の好きな人を好きになってしまった。友情をとるか、恋愛をとるか」との質問が飛び出した。「友情をとる」と回答したのが山田で、「友情の方が長い目でみれば大事。友達としていいヤツがいっぱいいるから」とコメント。

菅田は「恋愛をとる」と答え、「そんなことで壊れるような友情をつくらないこと」と話し、会場から「おおー!」と絶賛されていた。【取材・文/成田おり枝】

関連作品

  • 映画 暗殺教室

    4.2
    965
    地球破壊を目論む超生物の教師と暗殺を託された学生の姿を描く人気コミックを映画化
    Amazon Prime Video U-NEXT