桐谷美玲、戸塚祥太の恋バナの感想は!?|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2015/3/25 21:51

桐谷美玲、戸塚祥太の恋バナの感想は!?

モデルやキャスターとしても活躍する桐谷美玲がキュートなヴァンパイアを演じた『恋する・ヴァンパイア』(4月17日公開)の完成披露舞台挨拶が、3月25日に有楽町朝日ホールにて開催。桐谷美玲、戸塚祥太(A.B.C-Z)、田辺誠一、大塚寧々、三戸なつめ、柄本明、鈴木舞監督が舞台挨拶に登壇した。

世界一のパン職人を目指す少女が、初恋相手との恋に奮闘する姿を描いた本作。桐谷は、想いを寄せる幼馴染に自分がヴァンパイアであることを打ち明けられず、叶わぬ恋に悩むキイラ役を演じた。

そんな恋に純粋な女の子を演じるにあたって意識したことを質問されると、桐谷は「ヴァンパイアを意識するというよりは、素直で一生懸命な少女が一途に恋をしているという感覚で演じました」と、笑顔を見せる。

また、桐谷はキイラというキャラクターは自身よりも可愛らしい性格とコメント。そんなキイラの役作りについて「実は一番近くにいた監督がとても女性らしくて、こっそり参考にさせてもらいました(笑)」と、監督自身もびっくり(!?)なエピソードを告白した。

続いて、本作が映画初出演となった戸塚。キイラが思いを寄せる哲を演じているが、桐谷との共演については「2人とも人見知りなうえに、最初がラブシーンだったので…(笑)」と苦笑い。ところがすぐさま、桐谷と顔を見合わせ「微妙な距離感で頑張りました!」と息のあった雰囲気を漂わせる。

劇中で戸塚はアクロバットを披露しているとあって、観客席からは「バク転やって~」という声が!それを受けて戸塚は、なんとその場でバク転を軽々と披露!見事、アクロバットをウリにしているA.B.C-Zの本領を発揮していた。

イベント後半には、“好きすぎてついついやってしまった”というお題について、キャスト陣がそれぞれ回答。戸塚は「小学校低学年の頃に好きな女の子と話したくて、その子の机の上にザリガニを置きました」と爆弾発言!それを聞いた桐谷は「最悪!」とツッコみ、会場を一気に賑わせた。

最後に桐谷が「恋しているときに感じる、キュンとしたり切なくなったり嬉しくなったり、そういう純粋な気持ちがたくさん詰まっている映画です」と見どころをアピールし、舞台挨拶は閉幕。今までにないキュートなヴァンパイアを演じた桐谷の演技も注目だが、ヴァンパイアと人間と恋の行方もぜひ劇場でチェックしてほしい。【取材・文/トライワークス】

関連作品