千葉雄大と山本美月が「美しくなった」「格好良くなった」とほめ合い |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2015/10/17 21:02

千葉雄大と山本美月が「美しくなった」「格好良くなった」とほめ合い

千葉雄大主演の特撮ヒーローアクション『Mr.マックスマン』の初日舞台挨拶が、10月17日にイオンシネマ板橋で開催され、千葉、山本美月、久保田悠来、青木玄徳、なだぎ武、マックスマン、増田哲英監督が登壇。千葉は、ドラマ「SUMMER NUDE」以来2度目の共演となった山本を「一度目に増して美しくなっていて、素敵だなと思いました」と言うと、山本も「二度目ですが、さらに格好良くなっていて」と互いにほめ合った。

「天装戦隊ゴセイジャー」の主人公アラタ役で俳優デビューした千葉は「僕はそれがデビュー作だったので、変身するのが当たり前で。でも、違うドラマの現場に行くと、うらやましがられました。“センシン”したかったって言われて』と、“変身”をなぜか“センシン”と言い間違えてしまう。

なだぎがすかさず「“センシン”って何!? どないしたん?」と突っ込むと、会場は大爆笑。千葉は「てへ」とおちゃめな笑顔を見せると、会場から「かわいい!」と黄色い歓声が上がる。なだぎは「かわいい、かわいいと言われてうらやましいわ」と千葉にジェラシーを見せた。

『Mr.マックスマン』で千葉が演じるのは、メガネをかけると超人的なパワーを得るテレビ局アナウンサー・谷口正義。彼が、“史上最弱のスーパーヒーロー”として奮闘する姿を描く。幼なじみの祐子を山本美月が演じる。【取材・文/山崎伸子】

関連作品

  • Mr.マックスマン

    2.4
    2
    超人的パワーを手に入れ、ヒーローとして奮闘する崖っぷちアナウンサーを描くコメディ