巨大クジラとの激闘の果てに待つのは…?『白鯨との闘い』特別映像が公開|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
巨大クジラとの激闘の果てに待つのは…?『白鯨との闘い』特別映像が公開

映画ニュース 2016/1/15 12:02

巨大クジラとの激闘の果てに待つのは…?『白鯨との闘い』特別映像が公開

『アベンジャーズ』シリーズのクリス・ヘムズワースとオスカー監督ロン・ハワードのタッグで、19世紀に起きた実際の海難事故と、そこから生還を果たした男たちの奇跡のドラマを描く『白鯨との闘い』(1月16日公開)。公開を目前に控え、本編の見どころが詰まった特別映像が到着した。

体長30メートルの巨大クジラとの戦いを描く『白鯨との闘い』
体長30メートルの巨大クジラとの戦いを描く『白鯨との闘い』[c]2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED.

太平洋のど真ん中で体長30メートルの巨大なクジラと遭遇し、船を沈められてしまう捕鯨船“エセックス号”の乗組員達のドラマを描く本作。今回解禁された映像は、クリス演じる主人公オーウェン・チェイスと、本作でストーリーテラーの役割を担うトマス・ニカーソンの若かりし姿(トム・ホランド)を中心に、圧倒的な巨体を持つクジラとの戦いや、船で起こる様々な出来事が次々に映しだされるもの。オーウェン・チェイスとマシュー・ジョイ(キリアン・マーフィー)の固い友情や、クジラの攻撃によって宙を舞う錨を間一髪で避けるスリリングなシーン、銛1つで人知を超えた巨大クジラに立ち向かう姿など、一瞬足りとも見逃せない仕上がりになっている。

また、本作の見どころは“クジラとの戦い”だけではない。ストーリーは、海難事故から30年後、奇跡の生還を果たした乗組員の最後の1人となった老トマス・二カーソン(ブレンダン・グリーソン)が、執筆のために彼の元を訪れた作家、ハーマン・メルヴィル(ベン・ウィショー)に、事故の真相を語る形で進行するのだが、奇跡の生還を遂げたはずの彼が“つらそうな”素振りを見せるのか?その答えにも注目だ。

日本でも多くのファンを持つ主演のクリスも、「クジラとの闘いはもちろん気に入っている。でも一番興味深いシーンは、僕たちがボートで漂流する、最も絶望的な境遇に陥ったときだ。エゴや、社会的なルールや、エチケット、境界、そんなものが全て脇に寄せられて、とにかく“生き残ること”が唯一の目的となる。そんな境遇の中で力強く前進できる人がいることを目にするんだ。きっと見ている人を引きつける、一番の見所だよ」と語っている。

豪華キャストたちの熱演、圧倒的なスケールで映しだされるクジラとの戦い、そして男たちが繰り広げる壮絶なドラマを、ぜひ劇場で体感してみてほしい。【Movie Walker】

関連作品

  • 白鯨との闘い

    2.9
    18
    太平洋沖で捕鯨船“エセックス号”を襲った衝撃の実話を描いたドラマ
    Amazon Prime Video U-NEXT