『デスノート』新作タイトルに込められた意味とは…?|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2016/4/22 7:04

『デスノート』新作タイトルに込められた意味とは…?

原作・大場つぐみ、作画・小畑健による人気コミックを実写映画化した06年公開の『DEATH NOTE』『DEATH NOTE the Last name』から10年。その正統な続編として描かれる完全新作映画の正式タイトルが『デスノート Light up the NEW world』(10月29日公開)に決定し、新たにティザーポスターも解禁された。

夜神月とLの姿も確認できる、完全新作映画『デスノート Light up the NEW world』のティザーポスタービジュアル
夜神月とLの姿も確認できる、完全新作映画『デスノート Light up the NEW world』のティザーポスタービジュアル[c]大場つぐみ・小畑健/集英社 [c]2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

本作の舞台は、デスノートを使って凶悪犯を次々と死に追いやったキラ=夜神月(藤原竜也)と、命をかけてキラを食い止めたL(松山ケンイチ)との対決から10年後の世界。地上に新たな6冊のデスノートが存在することが明らかになり、その6冊を巡って全世界を巻き込む究極の頭脳戦が繰り広げられる。

キラ事件に精通する捜査官・三島(東出昌大)を中央に、Lの遺伝子を引き継ぐ世界的名探偵・竜崎(池松壮亮)の“黒い”姿と、キラの信奉者のサイバーテロリスト・紫苑優輝(菅田将暉)の“白い”姿、そして死神の影が印象的なビジュアルには、なんと“黒い”月=キラと、“白い”Lの姿が。

そして明らかになったタイトルの「Light up the NEW world」も何やら意味深。10年後に「照らし出される新世界」とは一体何なのか?続報から今後も目が離せそうにない。【Movie Walker】

関連作品