IMAXスペシャルサイト「IMAXで観る映画は最高だ!」
fullscreen
IMAX?で観る映画は最高だ!

IMAXのスペシャルな映画体験は、
上映前から始まっている。
「それではこれより、現実を超える
驚きの感動をお楽しみください」...
観客全員でカウントダウンを迎える
ワクワク感は、代えがたいもの。

IMAXは、世界最高峰の没入型
映画体験が出来る特別なシアター。

映画を最高の環境で観るために作られた
プレミアムシアターでこそ楽しみたい
“IMAX推し”な作品を毎月アップデートします。

映画を、もっと特別なものにしよう。



今月の#IMAX推しはこれ!

DCが新たに放つ『ブラックアダム』がついに日本上陸!5000年の眠りから目覚めた最恐のアンチヒーローと、それを止めるために立ち上がるスーパーヒーローチームの激闘は、臨場感も迫力も最大級のIMAXで鑑賞するのに打ってつけ。本作をIMAXで味わうべき注目ポイントを紹介していく!

新海誠監督の3年ぶりとなる最新作『すずめの戸締まり』がいよいよお目見え。圧倒的な映像美や壮大な音楽はもちろん、いまの時代に届けるべき映画としての覚悟がみなぎる本作は、まさに“IMAX推し”の一本と断言したい。話題作の見どころをネタバレなしで解説していく!

IMAXで体感せよIMAXで体感せよ#IMAX映画ラインナップ

THE FIRST SLAM DUNK

THE FIRST SLAM DUNK

作品情報
ブラックアダム

ブラックアダム

作品情報
すずめの戸締まり

すずめの戸締まり

作品情報

IMAXをもっと知ろう

再生
01IMAXが特許を持つ
映像処理技術“DMR”

特許を持つ独自の映像処理技術デジタル・メディア・リマスタリング技術(DMR)により、IMAXシアターで上映される作品は音響、明度、コントラスト、明るさなど細部にいたるまで高い精度で調整。このDMR処理により、IMAXは他の劇場ではけっして味わえない画期的な映画体験を可能にしています。

02鮮明で精細な、
観客にリアルに迫る“映像”

鮮明、精細、大画面のIMAXは映画の概念を超えた表現を可能にします。リマスタリング(DMR)処理により作品の各フレームを変換し、映画製作者の眼に映った映像を最大限のクオリティで表現します。その革新的な投影技術は、リアルタイム調節で最高画質を実現し、さらに広いカラースペクトルで最高にシャープで生き生きとしたビジュアルをお届けします。

03どこの座席でも完璧な、
全身で感じる“サウンド”

IMAXシアターは、高精度なサウンドにも徹底的にこだわっています。驚くほど澄んだ深みのあるサウンドを実現する特許登録されたスピーカーは、いつでも完璧にチューニングされています。お腹の底に響く大音響から肩越しに聞こえるささやき、さらに人の耳では捉えきれない音域までカバーすることで微妙なニュアンスも忠実に再現。聴くというより、全身で感じるようなサウンドを実現しています。

04シアター空間全体を
独自に設計した“シアター”

IMAXシアター最大の特徴は、その劇場構造にあります。床から天井、左右の壁から壁まで広がる大スクリーンはただ大きだけでなく、どの席からでも観やすいように緩やかにラウンドさせています。また、カスタムされたスクリーンは、圧倒的な明るさの映像を反射。さらに、客席の傾斜角度を大きくすると同時にスクリーンに近づけるなど、シアター空間全体を独自に設計することで視野全面を覆うフルパノラマビューを実現。まるで映画の中にいるような臨場感で観客を包みます。さらに、シアター内のどこに座っても理想的なリスニング環境になるように設計されており、場内の隅々まで臨場感あふれるサウンドで満たします。

05最大26%増の映画情報を
体感できる“IMAXカメラ”

IMAXカメラは、観客にみせたい映像を全てそのままスクリーンに映し出すことを可能とする、映画製作者にとって必要不可欠なツール。IMAXカメラで撮影されたシーンは、通常のスクリーンの2.40:1よりも上下に拡がる1.90:1のアスペクト比で投影され、観客はIMAXシアターのみで、通常のスクリーンでの鑑賞時よりも、最大26%増しの映像情報を体感することができます。通常のスクリーンと比べ、見える範囲がぐっと広がるのは、IMAXだけ。

※一部の限られたIMAX?レーザー/GTテクノロジーと70mmフィルムプリントを備えたシアターでは、アスペクト比は最大1.43:1まで広がります。

IMAX® is a registered trademark of IMAX Corporation.
©I.T.PLANNING,INC. ©2022 THE FIRST SLAM DUNK Film Partners ©2022 WBEI TM & ©DC ©2022「すずめの戸締まり」製作委員会