いかすぜ!この恋|MOVIE WALKER PRESS
MENU

いかすぜ!この恋

1965年公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

エルウッド・ウルマンとエドワード・バーンズの共同脚本を、「ガール!ガール!ガール!」のノーマン・タウログが監督した西部を舞台にした音楽映画。撮影はロイヤル・グリグス、音楽はウォルター・シャーフが担当した。出演は「フロリダ万才」のエルヴィス・プレスリー、新人ジョスリン・レーンのほかに、ジュリー・アダムス、ジャック・ムラニー、ビル・ウィリアムスなど。製作はベン・シュワルブ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ロニー(エルヴィス・プレスリー)は観光牧場の持ち主で、ロデオ大会の興業主でもある美貌の女社長ベラ(ジュリー・アダムス)のところで働くことになった。そこには金持ちの娘たちが、夏休みを楽しんでいたが、ロニーの出現で大さわぎとなった。中でも、観光牧場内で体操教師をしているパム(ジョスリン・レーン)はロニーに夢中だった。彼女は祖父の遺産のかくし場所を書いた手紙を持っていた。そのため数度、怪漢に襲われたが、いつも助けてくれるのはロニーだった。2人は愛しあうようになった。ところがパムはロニーと女社長の仲を疑いロデオ大会に出場中の彼を残して、ひとり遺産探しに出かけた。ロニーは仲間のスタンレーと一緒に後を追い、やっとおいついたが、突然の大嵐で立往生、3人は荒れはてたホテルにとまった。その夜ホテルでは怪事件が次々と起こり、あやしい人物を追って地下室に降りたロニーたちは偶然にもそこで、お目あての遺産を発見した。パムとロニーが喜んだのもつかの間、彼らの前に現われたのは保安官だった。彼こそ先ほどの怪事件の真犯人、そしてパムを数度襲った悪徳保安官だ。パムの機転でロニーたちは最大の危機を脱出した。そして、ロニーとパムは牧場で結婚式をあげた。“いがすぜ!この恋”を歌うロニーの声が西部の山々にこだましている。

作品データ

原題
Tickle Me
製作年
1965年
製作国
アメリカ
配給
コロムビア
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?