ナイト・アンド・ザ・シティ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ナイト・アンド・ザ・シティ

1993年2月13日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

都会の片隅で、しがない商売をしている男が、夢の実現のために情熱をそそぎ、そして挫折するまでを描く人間ドラマ。1950年に発表された、赤狩りでハリウッドを追われたジュールズ・ダッシン監督の「町の野獣」のリメイクだが、舞台をロンドンから現代のニューヨークへ置き換えている。監督・製作は「レイジング・ブル」「グッドフェローズ」などで知られる映画プロデューサーで、91年に初監督作「真実の瞬間」を発表したアーウィン・ウィンクラー。共同製作はジェーン・ローゼンサール、エグゼクティヴ・プロデューサーは「星の流れる果て」のハリー・J・アフランドとメアリー・ジェーン・アフランド、脚本は「シー・オブ・ラブ」のリチャード・プライス、撮影は「羊たちの沈黙」のタク・フジモト、音楽は「プリティ・ウーマン」のジェームズ・ニュートン・ハワードが担当。なお、製作のトライベッカ・プロは、主演のロバート・デ・ニーロ自らの企画・製作会社である。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

マンハッタンの一匹狼の弁護士ハリー(ロバート・デ・ニーロ)は、訴訟問題の最中に触れたボクシングの世界に魅かれ、小さな会場を借りて古き良き時代のボクシング試合を復活させるというアイデアを思いつく。興行免許は取れたが、2万5千ドルほどの資金のエグ 面はそう簡単にできそうもない。ボクシング・プロモーターで、ギャングのブーン・ブーン・グロスマン(アラン・キング)に、裁判で敗北したハリーは、彼を見返してやろうと決意し、成功への欲望も膨れあがっていった。ブーン・ブーンの兄で、往年の名ボクサー、アル・グロスマン(ジャック・ウォーデン)を仲間にしたハリーは、バーボクサーズのオーナー、フィル(クリフ・ゴーマン)に1万5千ドルの借金を申し込むが、半額を3日以内に、自力で調達することになってしまうが、金策は難航し、あえなく期限切れの夜を迎えるが、ハリーの愛人で、フィルの女房のヘレン(ジェシカ・ラング)の助けで切り抜ける。準備を進めるハリーだが、ブーン・ブーンの策略で、ヘレンとの仲がフィルに知られて金脈を断たれてしまい、そのうえ、試合直前にアルが心臓発作で急死してしまう。ヘレンと共にカルフォルニアへ逃げようとするハリーだが、ブーン・ブーンの刺客によって袋小路に追いつめられ、必死の思いでなんとかごまかそうとするが、銃で射たれてしまい、ヘレンの腕の中で息絶えるのだった。

作品データ

原題
Night and the City
製作年
1992年
製作国
アメリカ
配給
松竹富士
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?