緊急接近 ZONE|MOVIE WALKER PRESS
MENU

緊急接近 ZONE

1996年4月20日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

東欧の核マフィアに単身挑む、アメリカ人パイロットの活躍を描いたスカイ・アクション。「インターセプター」「ファイナル・ミッション」など、この種のジャンルを得意とするヘス‐カルハーグ・プロの作品で、監督は「メタルウィング」「ファイナル・ミッション」などの編集マンを経て、本作で監督デビューを果たしたバリー・ゼツリン。脚本はアンソニー・スタークとショーン・スミス、製作はケヴィン・M・カールバーグとオリヴァー・G・ヘス。撮影はレヴィー・アイザックス、音楽はジミー・ハスケル、編集はディック・バリー。主演は「ショーガール」のロバート・ダヴィ。共演は、本作撮影後に急逝した「ダイ・ハード」のアレクサンダー・ゴドノフ、「ロードハウス 孤独な街」のベン・ギャザラ、ジョルジオ・アルマーニのブランド“GIO”のイメージ・キャラクターを務めるララ・ハリスほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

湾岸戦争の英雄だったパイロットのラウディ(ロバート・ダヴィ)は、上司と対立して軍を辞め、今はマリファナを密かに空輸するセスナ機の操縦士として糊口をしのいでいる。しかし、彼の操縦技術は他の追随を許さず、セスナ機でジェット戦闘機の追撃をかわすことができるほどだった。東欧の核犯罪を追うCIA の特務捜査官ディック・アルソープ(ベン・ギャザラ)は、その腕に目を付け、罠を仕掛ける。女とベッドイン中のラウディを襲って女を射殺し、彼を犯人に仕立て上げたディックは、「東欧の核マフィアのボス、ローサーを暗殺し、その秘密基地を爆破すれば見逃してやる」と取り引きを申し出た。東欧に潜入したラウディは、現地で知り合った少年マイク(ララ・ハリス)の協力を得てローサー(アレクサンダー・コドノフ)の身辺を調査するが、それを知ったローサー側では次々に刺客を差し向ける。身の危険を感じたラウディはマイクのアパートに隠れるが、そこで彼はマイクが実はミカエラという女であることを知る。やがてミカエラがローサー一味に誘拐された。彼女を救出し、任務を遂行するため、ラウディは果敢に敵の基地に潜入。戦闘機を奪った彼はローサーと激しいドッグ・ファイトを繰り広げ、相手を倒す。基地は爆破され、ミカエラも無事救出された。

作品データ

原題
The Zone
製作年
1995年
製作国
アメリカ
配給
ギャガ・コミュニケーションズ=ゼアリズ
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?