ジャイアント・ピーチ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ジャイアント・ピーチ

1996年12月14日公開,79分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

巨大な桃に乗った少年の冒険を描いた、ファンタスティックな長編ストップモーション・アニメーション。「チキ・チキ・バンバン」などの映画脚本でも知られる作家ロアルド・ダールの童話『おばけ桃の冒険』(評論社刊)を、「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」の監督ヘンリー・セリックと製作ティム・バートンのコンビが映画化。冒頭とラストに実写映像を導入することで、本編のファンタジー色を強調することに成功している。総勢130人にも上るチームが2年にわたる緻密な作業を重ねた、昔ながらのストップモーション・アニメーションとCGIやデジタル効果など最新テクノロジーとを組み合わせた映像が魅惑的。製作のデニーズ・ディ・ノヴィとバートン、撮影のピート・コザチクは前作に続いての参加。ほかに、カーリー・カートパトリック、ジョナサン・ロバーツ、スティーヴ・ブルームの共同脚本。撮影は「アライバル 侵略者」のヒロ・ナリタ。音楽は「トイ・ストーリー」のランディ・ニューマン、美術は「インナースペース」のハーレイ・ジェサップ、コンセプチュアル・デザインは児童文学の挿絵画家として著名なレーン・スミスが担当。主演は数百人の候補者から選ばれたポール・テリーで、アニメ・パートの声の出演も果たしている。共演は「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」のミリアム・マーゴリーズ、「旅する女 シャーリー・バレンタイン」のジョアンナ・ラムリー(声の出演も)、「ドラゴンハート」のピート・ポスルスウェイトほか。声の出演は「デッドマン・ウォーキング」のスーザン・サランドン、「陽のあたる教室」のリチャード・ドレイファス、「太陽と月に背いて」のデイヴィッド・シューリスほか。なお、ティム・バートンの処女短編「ビンセント」が同時上映された。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

英国に住む9歳の少年ジェームズ・ヘンリー・トロッター(ポール・テリー)は、優しかった両親がサイに襲われて亡くなってからというもの、性悪な二人の叔母スパイカー(ジョアンナ・ラムリー)とスポンジ(ミリアム・マーゴリーズ)に引き取られて冷たい仕打ちと山ほどの仕事に耐える日々。彼の夢は、父がよく「夢がかなう場所」と言っていたニューヨークに行くこと。ある日、ジェームズは見知らぬ老人(ピート・ポスルスウェイト)から緑色に輝く不思議なものをもらうが、うっかり実のならない桃の木の幹にこぼしてしまう。すると桃には実がなり、どんどん大きくなって直径6mもの巨大な桃に成長した。欲の深い叔母たちは桃の見物料でひと儲け。ジェームズは近寄ることさえ禁じられたが、好奇心と空腹から桃をひと口かじると、桃の中に引き込まれてしまった。(ここよりアニメになる)そこには、陽気なムカデ(声/リチャード・ドレイファス)、ミステリアスな美人グモ(声/スーザン・サランドン)、臆病なミミズ(声/デイヴィッド・シューリス)、優しいテントウムシのおばさん(声/ジェーン・リーヴス)、音楽家のキリギリス(声/サイモン・カラウ)、ちょっとボケてる土ボタル(声/ミリアム・マーゴリーズ)と、6匹の人間大の虫がいた。彼らを乗せたまま桃は海へと転がり、ジェームズたちは一路ニューヨークを目指す。途中で凶暴なサメに襲われるが、ジェームズが機転を効かし、クモの糸でつないだカモメを使って大空に舞い上がる。方向を間違えたムカデは責任を取るため、沈没した船にコンパスを探しに行き、そこで「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」の主人公スケリントンと遭遇。危機一髪、助けに来たジェームズやクモたちと一緒に襲いかかるガイコツどもを撃退し、コンパスを手に入れた彼らは、今度こそニューヨークへ。(再び実写となる)エンパイア・ステート・ビルの屋上に着いた桃とジェームズは市を挙げての大騒動となる。無事にクレーンで救出されたジェームズだが、彼の話を信じる者はいない。そこへ、欲にとらわれた叔母たちが再び現れた。その時、虫たちが人間の前に姿を現し、叔母たちをノックアウト。ジェームズと虫たちは熱狂的に迎えられ、彼らは郊外に家を建てて一緒に住んだ。ジェームズはこの話を本にして出版し、虫たちもそれぞれ自分の夢をかなえるのだった。

作品データ

原題
James and The Giant Peach
製作年
1996年
製作国
アメリカ
配給
ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン
上映時間
79分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?