ニック・オブ・タイム|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ニック・オブ・タイム

1996年5月18日公開,90分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

娘の命と引き換えに、90分という制限時間内に暗殺を強要された男がたどる危機を描いたサスペンス・スリラー。劇中の時間と上映時間をほぼ一致させ、手持ちカメラを多用した臨場感溢れる演出で緊迫感を最後まで持続させている。「陽のあたる教室」のパトリック・シェーン・ダンカンのオリジナル脚本を、「アサシン」「ドロップ・ゾーン」などの職人派、ジョン・バダムの監督・製作で映画化。エグゼクティヴ・プロデューサーは、監督とコンビのD・J・カルーソ。撮影のロイ・H・ワグナー、音楽のアーサー・B・ルービンスタイン、美術のフィリップ・ハリソン、編集のフランク・モリス、衣裳のメアリー・ヴォクトら、メイン・スタッフもそれぞれバダム作品の常連。主演は「エド・ウッド」「デッドマン」のジョニー・デップで、初の父親役やアクションに挑んでいる。共演は「デンバーに死す時」のクリストファー・ウォーケン、「グッバイガール」「アイ・ラブ・トラブル」のマーシャ・メイソン、「サバイビング・ゲーム」のチャールズ・S・ダットン、「エド・ウッド」のG・D・スプラドリンほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

LA、正午。妻を亡くした税理士のジーン・ワトソン(ジョニー・デップ)は、幼い一人娘リン(コートニー・チェイス)を連れ、新天地にやって来た。駅に降り立った彼らは、警察を装った男スミス(クリストファー・ウォーケン)とパートナーの女、ジョーンズ(ローマ・マーフィア)に拉致され、「午後1時30分までにある人物を殺せ。失敗すれば娘の命はない」と脅迫される。拳銃と標的の写真を渡されたワトソンは、指定されたホテルに着くが、標的はなんと女性州知事のグラント(マーシャ・メイソン)だった。彼女は再選を目指して遊説中で、このホテルで演説会が予定されていた。ワトソンはなんとかこの事実を誰かに知らせようと試みるが、スミスとその仲間たちの監視の目が光っていて不可能だった。厳重な警備の中、銃を持っているにも関わらず、ワトソンはあっさり会場に通された。警備主任もスミスとグルだったのだ。ワトソンは知事直属の女性スタッフ、クリスタ(グロリア・ルーベン)に事情を打ち明け、選挙参謀を務める知事の夫ブレンダン(ピーター・ストラウス)、そして後援者らしい謎の男(G・D・スプラドリン)に会う。だが、そこへ突如、スミスが現れ、クリスタを射殺した。なんと、妻の政策方針を快く思わないブレンダンも一味に加担していたのだ。八方塞がりとなったワトソンは、ホテルの靴磨き職人ヒューイ(チャールズ・S・ダットン)の協力を得て、敵の監視をくぐり抜け、知事に直接会って状況を話すが、信じてくれたかどうかは分からない。そして、演説が行われる午後1時30分がやって来た。スミスをはじめ一味が配置について銃を構えた。ワトソンはそこではじめて、自分は囮に使われただけだとを悟る。ワトソンは意を決し、グラントではなくスミスに向かって発砲、混乱の中、娘のもとへ走る。グラントは撃たれたが、防弾チョッキを着たボディガードのおかげで無事だった。ワトソンはヒューイの助けを借りて、バンに閉じ込められていたリンを救い、スミスとジョーンズを倒した。事件後、黒幕だった謎の男はホテルから去っていった。

作品データ

原題
Nick of Time
製作年
1995年
製作国
アメリカ
配給
UIP
上映時間
90分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    みるみる

    3.0
    2019/7/21

    とても気の毒な理系のインテリっぽく全然強くないお父さんをジョニデが自然に演じてます。娘を理不尽に人質にされ元軍人の靴磨きの男性とホテルの従業員に助けられながら、父親として人としての強さで行動していきます。お客様の為に頑張った彼等の行動をもう少し描いて欲しかったけど、この映画のテーマが時間軸なので尺が足りないか。うーん
    時間が刻々と流れ緊張感も増していきます。ワトソンの射撃がやたら上手いのにはびっくり。
    脇を固める俳優陣が素晴らしく本当にイラッとしたりホッとしたり。ジョニデの娘の声を聴き父親の顔になる時やラストのハグは柔らかな感じがとても良かった。個性派俳優といわれる前の素敵なジョニデが見られる良い作品です。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    -
    2010/12/23

    これは、なかなか良いですね。脚本の勝利でしょう。おそらく何十通りものストーリーを考えたんだと思います。途中ホラーっぽい展開があって、それなんかも「却下されたストーリー」のひとつなんでしょうね。また、90分というのが、こういうハラハラドキドキの限界かと思います。
    心強い味方が、一撃で倒されてしまうのなんかは、サスペンスの常道かと思いますが、『シャイニング』を思い起こさせます。
    チヤールズ・S・ダットンがなかなか良い味を出していて、殺伐とした話にコメディの味付けをしています。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告