理由(1995)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

理由(1995)

1995年7月1日公開,102分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

猟奇殺人の真相を追う法律学者の活躍と、事件に秘められた意外な真実を描くサスペンス。ジョン・カッツェンバックの同名小説を「マンボ・キングス わが心のマリア」のアーネ・グリムシャーの監督で映画化。主演はエグゼクティヴ・プロデューサーも担当した「グッドマン・イン・アフリカ」のショーン・コネリー。製作はリー・リッチ、グリムシャー、スティーヴ・ペリー、脚本は「ダイ・ハード」「逃亡者(1993)」のジェブ・スチュアートと「シャレード」「料理長殿、ご用心」のピーター・ストーン、音楽は「逃亡者(1993)」のジェームズ・ニュートン・ハワード、撮影は「男が女を愛する時」のラヨシュ・コルタイ、美術はパトリシア・フォン・ブランデンスタイン、編集はウィリアム・A・アンダーソン、共同製作はゲイリー・フォスターとアーネ・ラインハートがそれぞれ担当。共演は「ミルク・マネー」のエド・ハリス、「ボビー・フィッシャーを探して」のローレンス・フィッシュバーン、「めぐり逢い(1994)」のケイト・キャプショー、「黒豹のバラード」のブレア・アンダーウッドなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

死刑反対論者であるハーバート大学の法学部教授ポール・アームストロング(ショーン・コネリー)の許に、エヴァン・ジェリン(ルビー・ディー)という老婦人がやってきた。少女誘拐殺人の濡れ衣を着せられ、死刑監房に入れられている孫の命を助けて欲しいという彼女の申し出を一度は断ったポールであったが、もと弁護士の妻ローリー(ケイト・キャプショー)の説得で、事件の解明に乗りだすことに。フロリダに飛んだポールは刑務所のボビー・アール(ブレア・アンダーウッド)と面会、彼は警官タニー・ブラウン(ローレンス・フィッシュバーン)らの苛酷な取調べに屈し、自分が犯人であると告げたと語る。ポールは事件の起きた町オチョビーに赴き、閉鎖的な町の実体を垣間見る。そして黒人というだけで煙たがられていたボビーの身の上と、彼を犯人に仕立てるべくおざなりな捜査が行なわれていたことを確信する。再度刑務所に行ったポールはボビーの口から、同じ死刑囚にして連続殺人鬼のブレア・サリバン(エド・ハリス)こそ真犯人であると知らされ、そのブレアも誇らしげに自分がやったと語った。ボビーの無実を立証できる様々な証拠を手にしたポールは再審を要求、ボビーは勝訴し釈放された。ところが、ポールの妻ローリーと娘がボビーに誘拐される。ボビーの本当の目的はローリーを殺すことだった。ボビーは少女殺人事件の前にも犯罪を犯して逮捕されており、その時警官たちの虐待に遭って去勢されてしまった。その事件の担当弁護士がローリーだった。彼女を逆恨みしたボビーは復讐を決意するが、数年後に犯した少女殺しのため刑務所に入れられてしまった。目的を達成するためには無実を勝ち取って出所するしかない。そこで敏腕な法律学者であり、ローリーの夫でもあるポールに白羽の矢を立てたのだ。ポールは、ボビーが真犯人であると見抜いていたタニーと協力し、家族の命を救う。

作品データ

原題
JUST CAUSE
製作年
1995年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
102分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ミチさん

    3.0
    2010/12/28

    やはりネタバレなしではムリですね。
    なるべく先入観ナシで観た方が良いですが、
    ショーン・コネリーの製作総指揮ということになると、当然、ご自身が格好良く描かれる訳で、その点は、最初から予想されます。しかしそれにしても、奥さん、子供(スカーレット・ヨハンソン!)と年が離れ過ぎていて、ちょっとムリが・・・。
    エド・ハリスのキレぶりが凄く、後年のアンソニー・ホプキンスを思い起こさせます。
    ローレンス・フィッシュバーンは、最初ヤナ奴で登場し、最後は良い役になるのですが、面白いですね。日本だと國村隼当たりか。味のある俳優です。
    黒人のブレア・アンダーウッドがせっかくの名演技をしたにも関わらす、この後パッとしないというのも残念ですね。本当に壊れたか!

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告