悪魔の受胎|MOVIE WALKER PRESS
MENU

悪魔の受胎

1985年2月23日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ある惑星を探検していた科学者グループが、先住種族に侵略されていくというSFホラー。香港のラン・ラン・ショーが提供。製作はリチャード・ゴードンとデイヴィッド・スピーチリー。エグゼキュティヴ・プロデューサーはピーター・M・シュレシンジャー。監督はノーマン・J・ウォーレン。脚本はメイキャップ師のニックとグロリアのメイレイ夫妻が執筆。撮影はジョン・メトカーフ、音楽はジョン・スコットが担当。出演はジュディ・ギーソン、ロビン・クラークなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

地球を遠く離れた太陽を二つ持つ惑星。そこでは既に一つの文明が滅んでいたが、地球人探検隊によってゼノ計画と呼ばれる発掘計画が進められていた。ディーン(ドミニク・ジョフコット)とリッキー(デイヴィッド・バクスト)が洞窟を調査中、原因不明の爆発がおきた。リッキーは脱出に成功したが、ディーンは死亡した。コマンダーのホリー(ジェニファー・アシュレー)とサブ・コマンダーのマーク(ロビン・クラーク)は、調査の中止を考えるが、そうしたところで母船にクルーが回収されるまでには日数もかかる。その間に少しでも調べようというのが、黒人の人類学者ミッチ(トレヴァー・トーマス)の意見だった。突然リッキーが暴れ出した。追われたゲイル(ロザリンド・ロイド)は気密服がやぶけて死亡。ケイト(ステファニー・ビーチャム)も襲われ、リッキーを射殺した。ミッチとサンディ(ジュディ・ギーソン)は再調査のために洞窟へ入り、緑のクリスタルを発見する。と、その時何者かにミッチが引き裂かれた。横になったサンディの足が大きく押し開かれ、股間にパイプが挿入され、緑色の液体が注入された。ドクター・カーター(バリー・ヒューストン)の注射に目を覚ましたサンディ。あれは幻覚だったのか?やがて彼女は狂ったように、クルーを殺害していく。バーバラ(ヴィクトリア・テナント)を鋏でえぐりディーンの死体に喰らいつくサンディ。迎えの宇宙船スペース・エクスプローラーが来るまであと六時間。気密室外でも呼吸ができるようになったサンディは、絶叫とともにふくれあがった腹から、おぞましい双子のエイリアンを生み落した。マークは双子をシャロンに預けたが、双子はシャロンを喰い殺した。マークとサンディは対決。エクスプローラー号はクルーが全滅してるのを発見した。地球へもどるエクスプローラー号の船内の物陰に双子のエイリアンが隠れていた。

作品データ

原題
Inseminoid
製作年
1980年
製作国
イギリス
配給
日本ヘラルド映画
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?