チャタレイ夫人の恋人(1982)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

チャタレイ夫人の恋人(1982)

1982年5月8日公開,103分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

大胆な愛と性の描写でセンセーションを捲き起こしたイギリスの作家D・H・ローレンスの原作の映画化で富裕だが性的に満たされない貴族の若妻が森番と愛し合い初めて性に目ざめてゆく姿を描く文芸作品。製作総指揮はメナヘム・ゴーランとヨーラム・グローブス、製作はクリストファー・ピアースとアンドレ・ジャウィ、監督は「ガールズ」のジュスト・ジャカン。ロレンスの原作を基にしたクリストファー・ウィッキングとジュスト・ジャカンの脚本をマルク・ベームが脚色。撮影はロベール・フレス、音楽はスタンリー・マイヤーズとリチャード・ハーヴェイ、美術はアントン・ファースト、衣裳はシャーリー・ラッセルが各々担当。出演はシルヴィア・クリステル、シェーン・ブライアント、ニコラス・クレイ、アン・ミッチェル、エリザベス・スプリッグスなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1918年、イギリス中部ノッティンガムシャー。若くハンサムな男爵クリフォード・チャタレイ(シェーン・ブライアント)は、清純な娘コニー(シルヴィア・クリステル)と結婚し、幸福の絶頂にいた。しかしコニーの歓迎パーティで人々がダンスを楽しんでいる時、第一次大戦勃発を知らせるニュースが入り、クリフォードはハネムーンもそこそこ、戦地へと旅立っていった。ドイツ戦線で負傷したクリフォードは、下半身マヒの体となり、コニーは半処女のまま日々を送ることになる。毎日車イスの夫につかえているコニーは、若い肉体をもてあましていた。そんなある日、クリフォードのおばレディ・エバ(エリザベス・スプリッグス)は、コニーに忠告した。クリフォードは男性としては半人前以下だ。やりたいことがあったらやるべきだ、と……。動揺するコニー。彼女の不安を刺激するように、ある日クリフォードが、コニーに愛人をつくることを勧めた。やがて、クリフォードの世話人として未亡人のボルトン夫人(アン・ミッチェル)という看護婦がやってきて生活が一変する。仕事のなくなったコニーは、チャタレイ家の収入の一部であるキジの養殖の番をするオリバー(ニコラス・クレイ)の存在を意識するようになる。作業小屋の前で体を洗っていた全裸の彼を見てしまったのだ。野生的な彼に魅力を感じたコニーは、その姿を忘れることができなかった。クリフォードがボルトン夫人の積極的な治療を受けている間に、コニーは何度か森小屋に足を運び遂に肉体的に結ばれた。そして、その歓喜に酔いしれた。初めてオリバーの家で一夜を明かしたコニーは、家に戻るが、全てを察したクリフォードの怒りの迎えを受けた。彼女はフランスの姉の所に行かされ、そこで妊娠していることを知る。再びラグビー・ホールに帰った彼女は、オリバーがくびになり炭抗で働いていることを知る。今では身分を越えてオリバーを愛するコニーは、炭抗に行き、彼に子供が生まれることを告げるのだった。

作品データ

原題
Lady Chatterley's Lover
製作年
1982年
製作国
イギリス フランス
配給
東宝東和
上映時間
103分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?