エルム街の悪夢(1984):映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
エルム街の悪夢(1984)
エルム街の悪夢(1984)

エルム街の悪夢(1984)

1986年5月24日公開,91分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

夢の中の殺人事件が現実にも起こるという恐怖映画。製作はニューライン・シネマ社長のロバート・シェイ。エグゼクティヴ・プロデューサーはスタンリー・ダデルソンとジョセフ・ウルフ。監督、脚本は「サランドラ」のウェス・クレイヴン。撮影はジャック・ヘイトキン、音楽はチャールズ・バーンスタイン、特殊効果はジム・ドイルが担当。出演はヘザー・ランゲンカンプ、アマンダ・ワイスなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

高校に通うティナ(アマンダ・ワイス)とナンシー(へザー・ランゲンカンプ)は大の仲よし。皆と同じように高校生活をエンジョイしている。しかし、ティナは悪夢に悩まされるようになる。その夢の中では鋼鉄の爪を持った殺人鬼が必ず現われた。そして、ナンシーもまたティナと同じ悪夢に悩まされていたのだ。ナンシーのボーイフレンド、グレン(ジョニー・デップ)を含む3人でティナの家に集まった時、何と、夢の中の殺人鬼が、同一人物であるらしいことがわかり驚く3人。そこへ、ティナのボーイフレンド、ロッド(ニック・コリー)がやって来て、ティナとロッドは寝室に消えていった。やがてロッドの叫び声で目を醒ましたナンシーが部屋に行くと、ティナが無惨な姿になっており、息絶えていた。ナンシーの父であるトンプソン警部(ジョン・サクソン)に逮捕されるロッド。ナンシーの悪夢は続いた。夢の中ではティナも現われ何かを訴えようとしている。夢の中で負ったはずの傷が現実に戻ったナンシーの体に残っていた。だんだん衰弱するナンシー。自分の友達が夢の中で危機にさらされるのでグレンの身も案じ始めた彼女は、一晩中グレンの様子をうかがった。ふとまどろみからさめると、グレンが殺されていた。翌日、彼女は母親(ロニー・ブレイクリー)から、意外な事実を知らされた。ナンシーを悩ます殺人鬼はフレディ(ロバート・イングランド)という男で、幼児を殺害してつかまり処刑されたはずだというのだが。何もかも耐えられなくなった彼女は、フレディと対決するために夢の中にのり込んだ。格闘の末、火を放つナンシー。すべてが炎の中で消滅した。朝の光の中、何事もなかったように、ティナ・グレン、ロッドらの迎えを受けて、学校に向かうナンシーの姿があった。と、見送る母親が何者かに襲われ、4人の乗った車の中でも異常なことがおきていた。

作品データ

原題
Nightmare on Elm Street
製作年
1984年
製作国
アメリカ
配給
アルシネテラン提供=日本ヘラルド配給
上映時間
91分
製作会社
ニューライン・シネマ/メディア・ホーム・エンターテインメント/スマート・エッグ・ピクチャーズ作品

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.3 /2件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?