007/死ぬのは奴らだ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

007/死ぬのは奴らだ

1973年7月14日公開,121分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ショーン・コネリーから三代目ロジャー・ムーアにバトン・タッチされて新たに登場したシリーズ八作目。製作はハリー・サルツマン、アルバート・R・ブロッコリ、監督は「007/ダイヤモンドは永遠に」のガイ・ハミルトン、イアン・フレミングの原作をトム・マンキーウィッツが脚本化。撮影はテッド・ムーア、音楽はジョージ・マーティン、主題歌をポール・マッカートニーとリンダ・マッカートニーが作曲し、“ジェームズ・ボンドのテーマ曲”をモンティー・ノーマンが作曲している。編集はバート・ベイツ、レイモンド・ポールトン、ジョン・シャーリーが各々担当。出演はロジャー・ムーア、ヤフェット・コットー、ジェーン・シーモア、クリフトン・ジェームズ、ジュリアス・W・ハリス、ジェフリー・ホールダー、デイヴィッド・ヘディソン、グロリア・ヘンドリー、バーナード・リー、ロイス・マクスウェル、ロイ・スチュアート、B・J・アーノウ、マデリン・スミスなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ジェームズ・ボンド(R・ムーア)が、ベッド・メイトと楽しい時を過ごしていた時、突然三人の情報員の死の知らせと“M”の指令がとびこんできた。ボンドは急ぎ、ドクター・カナンダ(Y・コットー)と対決すべくニューヨークへ飛び立った。が、早くもその動きを察知した組織はボンドを襲った。招き入れられたレストラン、突然回転したテーブルはボンドを神秘的美女ソリティア(J・セイモア)の前に連れだした。落着きはらった彼女の手から謎のタロット・カードが開かれ、ポンドの死を告げた。即座に危機を感じたボンドはティー・ヒー(J・W・ハリス)のメカニック・アーム(義手)から逃れ、ドクター・カナンダの本拠地に潜入すべく、サン・モニクへ向かった。しかし、ボンドの行動はソリティアの超人的霊感能力によってことごとく敵に筒抜けだった。ボンドが泊った部屋には毒蛇が待ち受けていた。危機を脱した直後CIAの連絡員だというロージー(G・ヘンドリー)にであった。ボンドは彼女を二重スパイと見破ったが、実は彼女はカナンダによって心を操られていたのだ。この地に、人を寄せつけぬほどの断崖上に邸宅があった。その秘密の一部屋で、ソリティアはカナンダに占い告げていた。ボンドはすぐここに来るだろう、と。その夜、ボンドは闇に乗じて邸宅に忍び入った。ソリティアは動じる事なくボンドを迎え、タロット・カードでの火花を散らす対決が始まった。ボンドは勝利を収め、カードが示す意味同様に彼女の部屋でベッドを共にした。彼女は初めて男に身を任した事によって予言力を失うことになった。カナンダの報復は免れえない。二人は脱出した。地上、そして空中からの追跡を逃れたのもつかの間、空港での待ち伏せにであった。セスナが格納庫に突っ込む。ボンドはとっさに飛び乗った飛行機で脱出した。サン・モニクに戻ったボンドはサメディ男爵(G・ホルダー)になるブードー教の生けにえにされるソリティアの危機を知り救出に向かった。二転三転の格闘の末、カナンダは体を破裂され、サメディ男爵は蛇の群れの中で死んだ。事件の解決を見たと思われたボンドとソリティアは列車での旅の途中、最後の危機にみまわれた。しかし執念深いティー・ヒーとの格闘の末、彼を窓の外へ突き落したボンドは、今やっとソリティアと二人きりになれた。

作品データ

原題
Live and Let Die
製作年
1973年
製作国
イギリス
配給
ユナイト
上映時間
121分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    フジ三太郎

    2.0
    2020/2/7

    午後ローで鑑賞。
    貸本屋(ツタヤより昔)で立ち読みした、さいとうたかを氏の原作劇画化本には、サメのいる海にロープで縛られたボンドが、ボートで引き回されるシーンがクライマックスとなるはずが、それはなし。もっと後、ダニエル・クレイグのボンドの時にやるので探しましょう。
    原作を余り使わず、ハンググライダーや、ジェットボートのアクションを使っていますが、前作「ダイヤモンドは永遠に」同様、アメリカのブルーカラー層を狙ったつまらないストーリー。ガイハミ監督作は外れの確率高し。
    クライマックスの敵との対決場の顛末も「ありえねー」と突っ込むでしょう。
    劇中まさかの日本神話のあれを入れてみたり(大黒様と動物)。
    悪役の名前が未だに覚えられない。次作のスカラマンガと響きが似ていて埋没。役者さんの印象も薄い。黒人だらけのせいもあるかも。
    冒頭でミス・マネペニーに「カサノヴァ」と呼ばれる通り、出る女全てがボンドに夢中になるとか、優男のムーアには相応しくないです。コネリーより表情が無いし。
    ボンドガールはその後、それぞれの世界で成功する例が多く、今回のジェーン・セイモアも、クリストファー・リーブと共演のSF「ある日どこかで」がカルト的名画(未見)であり、TV「ドクタークイン 大西部の女医」はNHKで日曜夜に放映していた覚えが。最初の結婚相手がリチャード・アッテンボロー監督の息子さんらしい。日本の菜々緒に似た、飛びきりの美人。
    ヨーロッパの出て来ないボンドは、つまらない。ポール・マッカートニーの主題歌だけ、プロモーション効果抜群でしたが。

    違反報告