眼には眼を|MOVIE WALKER PRESS
MENU

眼には眼を

1958年3月5日公開
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

フランス映画の社会派、「洪水の前」のアンドレ・カイヤットが、アルメニア生れの青年作家ヴァエ・カッチャの原作をとりあげた復讐劇。この二人が共同で脚本を執筆、「女と奇蹟」のピエール・ボストが台詞を担当した。撮影は「歴史は女で作られる」のクリスチャン・マトラ。「陽はまた昇る」のジュリエット・グレコが吹替えで一曲歌っている。主演はドイツ出身の国際俳優「眼下の敵」のクルト・ユルゲンス、イタリア出身、「大いなる希望」のフォルコ・ルリ。他にレア・パドヴァーニ、パスカル・オードレ、ポール・フランクール等が助演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

砂漠の国シリアの小都市トラブロスの病院の、仏人医師ヴァルテル(クルト・ユルゲンス)はひょんなことから、一人の男につけ廻され始めた。--その男の妻の診療を彼が断ったため、病院へ向う途中、車が故障し、男は病妻を連れ、歩いてやっとたどりついた。更に悪いことに、宿直の若い医師が誤診し、手遅れになった。これらの不幸のもとは、みんなヴァルテルにあると、その男--ボルタク(フォルコ・ルリ)は思っているらしいのだ。深夜の怪電話。尾行。ヴァルテルの不安はつのった。彼が自分の立場を説明しようと、ボルタクを探し求めだすと、今度は逆に相手が逃げ廻る。ヴァルテルは彼を追ってアラビヤ人集落ラヤへ向い、途中、車が故障したボルタク父娘を拾った。ガソリンをきらせて、ラヤに泊った翌朝、ヴァルテルは奥地の村の怪我人の治療を頼まれた。その集落には白人への敵意が満ち満ちており、ヴァルテルは治療を断られた。その間に、彼の車のタイヤがなくなっていた。仕方なく泊った集落の喫茶店で、彼はボルタクに再会した。ボルタクは商用で来たのだという。ヴァルテルは病人の死について釈明した。翌日、ヴァルテルがラヤへ徒歩で向う途中、道端で休んでいるボルタクに出会った。ボルタクは後に残ると云ったのに。二度目に会った時、彼はボルタクのすすめで、ダマスクスへ近道の工事用ケーブルに同乗した。谷を渡っている時、彼の食糧と飲料の包がボルタクの身体にふれ、まっさかさまに落ちて行った。故意か? 砂漠--たまらぬ渇きが彼を襲い始めた。ダマスクスはまだか。あの山から見える。ボルタクはそう云ったが、そこからは何も見えなかった。山また山。草も木もない。罠だ。彼はボルタクに引っ張り廻されたのだ。一夜が明け、渇きはますますひどくなった。ダマスクスか井戸かと聞かれた時、彼は井戸を選んだ。井戸の方へ数キロ。が、それは空井戸だった。ついに、彼は倒れ、殺してくれ、死んだ方がましだと叫んだ。その時、ボルタクはやっと彼の本心を表した。俺も女房が死んだ時、そう思った。それを一度、おめえ、お医者様に言わせたかった。ボルタクは“復讐”を終えると、ヴァルテルにダマスクスへの道を教え、自分はそこでそのまま眼った。ヴァルテルはそのすきにカミソリでボルタクの手首を切った。ダマスクスへ十二時間以内に案内せねば、お前の傷はエソになる。ボルタクは泣き叫び、ヴァルテルを案内することを誓った。必ず治して下さいますな、お医者様。二人はよろめき歩き始める。ボルタクは傷の痛みに歩けなくなった。彼は倒れ、ヴァルテルにこの道をまっすぐ行けばダマスクスだと教えた。ヴァルテルは教えられた通りに歩み進んだ。ボルタクは倒れたまま笑いに笑った。蹌踉と歩くヴァルテルの行手は果てしない砂漠だった。

作品データ

原題
Oeil pour Oeil
製作年
1957年
製作国
フランス
配給
東映

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?