続・荒野の用心棒|MOVIE WALKER PRESS
MENU

続・荒野の用心棒

1966年9月23日公開,92分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

フランコ・ロゼッティとホセ・G・マエッソとピエロ・ヴィヴァレッリ三人共作のシナリオを、セルジオ・コルブッチが監督したイタリア製西部劇、「荒野の用心棒」のヒットで“用心棒”シリーズ第二弾とされているが、ストーリー、登場人物に関連性は無い。撮影をアンジェロ・ノビ、音楽をルイス・エンリケス・バカロフが担当。主演は「殺しのテクニック」のフランコ・ネロとロレダーナ・ヌシアク、エドゥアルド・ファヤルド、ホセ・ボダロ、アンジェル・アルバセスが脇を固めている。製作はマノロ・ボロニーニが担当している。テクニカラー、テクニビジョン。2020年1月31日よりデジタルリマスター版をリバイバル公開。

予告編・関連動画

続・荒野の用心棒

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

メキシコとの国境にほど近い小さな村。この村では、人種偏見にとらわれた元南軍の少佐アメリカ人のジャクソン少佐(E・ファハルド)一派と、メキシコ独立運動の闘士ユーゴ・ロドリゲス将軍(J・ボダロ)一派が激しく対立していた。ある日、国境にある底なし沼で混血娘マリア(L・ヌシアク)が、将軍の部下と少佐の部下に相次いで危害を加えられようとしていた。ちょうどその時、古ぼけた棺桶をひきずり丘の上にたたずむ男がいた。男は目にもとまらぬ早技でマリアを救った。この男が国境地方で名を売った早射ちの用心棒ジャンゴ(F・ネロ)だった。ジャンゴはマリアを連れて、ナタニエーレの酒場で休むことにした。ほどなく少佐の部下達が酒場に現れ、けたはずれの用心棒代をナタニエーレに強要しからんだ。ジャンゴの二度目の早射ちが見れたのはこの時だった。やがて復讐の念に燃えた少佐の一味が四十人の手下を従えて姿を現した。おもむろに棺桶から機関銃を取り出すやいなやジャンゴの前には死者の山ができた。一方将軍達は革命のために機関銃を着々と集めていた。そんなある日、メキシコ政府軍営舎に多量の黄金があるとの情報が入った。資金集めにとって、営舎襲撃はかっこうのチャンスだった。ジャンゴの腕を見込んだ将軍は、黄金を折半することで手を握った。襲撃は成功した。しかし将軍は黄金の分け前を渡してくれぬばかりか、ジャンゴを邪魔者扱いするのだった。怒ったジャンゴは黄金を棺に詰めこむとマリアと村から逃げだした。ところがつり橋のところで馬車が急に傾き、棺は底なし沼に落ちてしまった。棺捜しにもたついているうちに、将軍の追手が姿を現し、ジャンゴは捉えられた。そして二度と銃を握れぬように馬の蹄でジャンゴの両手もこなごなに踏みつぶして去った。そしてメキシコに向う将軍達は、待ち伏せた少佐達に、皆殺しにされてしまった。傷ついた腕をかかえ酒場に戻ったジャンゴを少佐達は墓場へ呼びよせた。積り積った恨みをこめて、少佐達はジャンゴを狙った。しかしながら、次の瞬間倒されたのは少佐達だった。激痛に耐えて、ピストルに細工をし、墓標でピストルを支え、げき鉄を利用してのジャンゴの執念の闘いだった。

作品データ

原題
Django
製作年
1966年
製作国
イタリア
配給
東和
上映時間
92分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?